サンクスギビング・パーティに参加の巻 その2

thanksgiving2.jpg その1が結構好評でしたので、続けてその2を紹介。(笑) サンクスギビングのパーティーっていうのは、前回を読んでもらえればわかるように食べて食べて食べまくるというのが基本です。 でも、もちろんただ食べるためだけにこの日があるわけじゃあなくって、アメリカ合衆国という日本の25倍もの広さの国土に散らばった家族が、この日ばかりは集まって一緒に家族団欒を楽しむ日でもある。 
 そういう訳で、この日のを挟んで数日間の空港の混雑振りといったら半端ではない。 日本だと年末年始なんかに高速道路や新幹線が込み合うのを想像してもらえれば良いと思う。 それがアメリカの場合には、移動距離が圧倒的に長いために飛行機を利用するというわけだ。 奥さんの一族も、一方はシカゴに大半が住んでいるのだが、一方はこのアメリカ式のご多分にもれず、東はボストン、ピッツバーグ、ニューヨーク、DC、そして西はカリフォルニアまでと、各地に散らばってそれぞれ生活を持っているのだが、この日には一同に会して、食べる、飲む、騒ぐの3点セットを繰り広げることになる。  
 そんなパーティの模様を紹介します。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif


 この時期にアメリカ人が集まれば必ず話題の中心になるものといえば、そう、NFLことアメリカン・フットボールだ。 シカゴには、1920年設立当時からのメンバーで、最古参チームの一つシカゴ・ベアーズがある。 このチームは、「46ディフェンス」という名称で未だに語り継がれる1985年の栄冠の後は、いまいちパッとしない成績が続いているが、そこはシカゴ(笑)、同じく栄冠から100年も遠ざかっているカブス同様に熱狂的なファンは多い。 つまり、サンクスギビング・パーティーのメインであるターキーが登場するまでは、このテレビ放映を見ながら過ごす、これが正しいシカゴのサンクスギビングの過ごし方というもの。 もしゲーム中にタッチダウンなどを決めようものなら、それこそ大変な大騒ぎ、もしその場に駆けつけることが出来なかった一員には、即テレフォン・コールである。 
 アメリカ人が4人以上集まると必ず始まるといわれる、ボードゲーム。 モノポリーなんかだと、日本でもかなり知られているのではないかと思うが、アメリカ人のボードゲームやクイズ好きはちょっと理解不能の域である。 自分もアメリカで住むようになってから、パーティに呼ばれる機会が、ものすごく増えたのだが、家を出る前に身支度をして、靴を履こうかという瞬間、そういう時に必ず、「ああ、今日は何だか参加したくないなあ・・・」と思わせるもの、その原因がこのボードゲームだ。 当のアメリカ人は、ここぞとばかりにわれもわれもと満悦顔で自分なりの解釈をつけた「素晴らしい」答えを、身振り手振り交えて熱演披露してくれるのだが、アメリカの一般常識や昔のテレビ番組、子供の頃流行ったおもちゃや馬鹿な3流芸能人、政治家なんてものを、日本人である自分が答えれるわけがないというのだ。 それでもアメリカ人はシャイな奴には、「同じアホなら踊りゃなソンソン風」に説得してくるので、やむなくいっつも参加させられる。 そして・・・、ふう。(笑)
 とまあ、こんな風にアメリカン・フットボールやボードゲームをしつつ、離れて暮らす一族の話題をアップデートしながら、ターキーの登場を待つのである。
「NFL JAPAN」にもベアーズ情報が・・・、がんばれベアーズ!
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    sheep 14/12/2004

    トラックバックありがとうございます。
    まさか海を越えてTBされるとは思ってもいなかったのでビックリです。
    アメリカへはハワイしか行った事がないので、いつかは大陸の方へも上陸したいです。
    その時はシカゴへも行きますね。

  2. 返信
    sushi 15/12/2004

    こちらこそありがとうございます。
    暖かいハワイでリゾートの次は、寒いシカゴでブルースを堪能してください。
    ではまた。

  3. 返信
    けん 15/12/2004

    はじめまして。僕は狭い日本から出た事がない無精者です。
    アメリカでの生活は、とても興味深いです。
    現地ならではのお話を、また読ませてくださいね。
    ベアーズといえばWペイトン、そしてJマクマーンと「冷蔵庫」が印象的だった前回の優勝時が思い出されます。
    僕はいるか軍が好きなのですが、今季は史上稀に見る不調でがっくりきております。

  4. 返信
    sushi 15/12/2004

    けんさん、はじめまして
    いるか軍といえば1972年のパーフェクトですが、今年は我が大熊軍ともどもパッとしませんねえ。
    そのうちにベアーズについても書きたいと思ってますので、また来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA