Blog Archives

パフィーが熱いin2004!!の巻

puffy.jpg そういえばそんな名前のアーティストがいたなあってくらいになりかけてた、puffy改めパフィーの看板を地下鉄の中で見かけた時には正直目を疑った。 いったいなぜ今時パフィーなのか? しかもなぜここアメリカで? 
 疑問は募ったが、どうやら子供向けのアニメでパフィーの曲を流したところ意外にも好評で、それを気に入ったプロデューサーが、彼女達をモデルにした2人組が世界をコンサートして回るアニメを製作したのだとか。 最初見たときは本当にびっくりしたが、さらにしばらくして、これでもかっていうほどこの2人の巨大ポスターを張ったバスが街中を走り出したのには、またまたびっくりしてしまった。 
 でもって、そのアニメ番組っていうのが、大宣伝作戦の成果が出たのか、初回の視聴率が4.6%でアニメ部門の全米トップを記録。 うーん、イチローや松井に続く日本人の活躍なるか!? とりあえずアメリカに住んでいる日本人としては、日本の有名人がアメリカでも成功するのはうれしいもんです。
*吉村由美:「日本に住んでると、自分たちがまさかこんな風になってると思わないので(現地の反応を見て)意外だった。すごい光栄だし、ほんとに単純にうれしい」
*デーブ・スペクター:「ぼくもアニメを見たよ。アメリカのティーンエージャーに受けるのもよく分かる。陽気で、ぶっ飛んでいて、ハッピー、それで退廃的な要素もある。音楽もアメリカ人の好きな60年代のようなポップス。日本的ではなく、米国風の作りになっているのがよかったんじゃないかな」
*カートゥーン・ネットワークの「ハイ ハイ パフィー アミユミ」オフィシャル・ホームページ。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif