世界一の売り場面積を誇る老舗なマーシャルフィールドでクリスマスツリーをみるの巻

christmas3.jpg 世界一の売り場面積を誇る、シカゴ有数の老舗デパートであるマーシャルフィールド。 さすがに店内は高級感が溢れており、グランド・ホールではいつもピアノの生演奏の音が流れつづけ、細かいインテリアにも手入れが行き届き、別に買い物をしなくても歩いているだけで優雅な気分にひたれる、そんな「ティファニーで朝食を」みたいな世界です。 ティファニーといえば、ここのThe Tiffany Windowは世界一の大きさだということでも有名です。
 そしてなんといっても、毎年クリスマス前になると店内に(!)設置される巨大なクリスマスツリー。 6階にはワイン片手に食事をしながら間近でツリーを眺められるレストランが、そして7階からはツリーと一緒に記念撮影ができるスペースがあるのですが、それでもこのデパートの広さからいくと、それぞれの階のほんの一部。 それだけに店の外へ出てみると、ここの名前が付いた緑色の紙袋を手に歩いている人々の姿は、うきうきとどこかうれしそう。
 クリスマスプレゼントをシカゴで買う予定の方には、ぴったりのデパートです。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA