シカゴでクリスマスの風物詩といえばこのショーウィンドウを外しては語れませんの巻

christmas2.jpg 毎年、店内に飾られる巨大なクリスマスツリーの話しをしたついでに、シカゴのクリスマスの風物詩でもある、マーシャルフィールドの物語形式ショーウィンドウの紹介。 
 建物正面入り口から向かって左手にある窓から始まり、そのまま右手方向へとストーリーの展開と共に、各ウィンドウが話しの一場面として繋がっていきます。 今年はスノーホワイト:白雪姫と七人の小人の話でした。 とにかくシカゴのクリスマスは、このショーウィンドウを見ずしては語れないとまで言われる定番中の定番。 それだけにデザインにも意気込みが感じられ、細部にまでアーティスト達のこだわりが感じられます。 時間があれば、暇を見つけてこの設置作業をみるのも楽しいです。 ただ余り真剣に見ていると変人扱いされませんから、そこはほどほどにして、可愛い女の子アーティスト以外のウィンドウもじっくり眺めてあげましょう。(笑)
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA