Blog Archives

ドイツ系が多いシカゴのジャーマン・タウンは行ってみる価値ありの巻

christmas4.jpg アメリカにおいてドイツ系の意味するところは、合衆国政府や民間の第2次世界大戦中の対応をみるまでもなく、日系やその他のマイノリティー・グループへの場合とは明らかに違うものがある。 
 WASPの語源であるアングロサクソンとしてのイギリス人自身も、先祖は北ドイツから移り住んだ人々だし、現イングランド王室エリザベス女王の直系の祖先ハノーバー朝自体がドイツからの貴族によってはじまり、初代の王様などは英語が全然分からずにドイツ語しか話せなかったという有名な逸話もあるほど。 またアメリカが独立した時点で、標準語を英語にするかドイツ語にするかで議論があったという事実すらある。 2000年の政府統計によると、ドイツ系を第一祖先と感じる人々の割合は21%で、イギリス系アングロサクソンの12%を大きく上回って第一位だというのだから、ドイツ系などと呼ぶこと自体がおかしいのかも知れない。 
 しかしながら、外見上は世間一般の想像するアメリカ人と違わなくとも、ドイツからごく最近移民してきたグループというのは、母国語が違うというだけではない何かがやはりあるものだ。 そのことは、ドイツ系の人々が多く住むジャーマン・タウンを訪れてみればわかる。 街は整然としており、シンプルなデザインがショーウィンドウを飾り、遠くにはゴシック調教会の尖塔も見える。 人々は寡黙だが、しかしはっきりとした口調で会話をしているし、そこで飛び交う言葉は当然のことながらドイツ語である。 さらにはユーロも通貨として立派に通用している。 ドイツで暮らしたことがあるのも理由の一つだが、個人的にはドイツ人の生真面目で、正直な性格は大好きだ。 
 スティングが映画の中で、「I’m an English man in NewYork…」って切なそうに歌うのがあったけど、西欧白人もまたマイノリティーになりうるという現場をみたければ、この街は非常に興味深い場所である。 もちろん、ビールも旨い。(笑)
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif