クリスマスツリーとプレゼントの巻

chrismas-tree.jpg 前回は、クリスマスといえばイエス・キリスト、そしてクリスチャン達の大事なお祝いの日だという話をしたが、アメリカにだってもちろんサンタさんはやって来るという話し。
 1897年9月21日のニューヨーク・サン紙の社説に、あるサンタさんに関する話しが掲載された。 ことのはじまりは、8歳のバージニアちゃんが、学校で「サンタクロースなんていないよ」と友達にからかわれたことから。 そこでバージニアちゃんは、お家に帰ってからお父さんに聞きます、「サンタクロースって本当にいるの?」。 でもお父さんだって、そんなことはわかりません・・・。 そしてお父さんは、バージニアちゃんに言います、「新聞社にお手紙を書いて聞いてみたらどうだい? 新聞記者がいるって言うのなら、本当にいるに違いないんじゃないかな」。 
 ”編集長さま、 わたしは8才です。 わたしの友だちにはサンタクロースなんていないんだといっている子がいます。 お父さんは「サン新聞に問い合わせてごらん。新聞社のひとがサンタクロースがいるというなら、たしかにいるんだろう」と、いいました。ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか? バージニア・オハンロン ニューヨーク市西95番街115番地”
 それを受けた、ニューヨーク・サンのエドワード・ミッチェル編集長は、記者のフランシス・チャーチへ彼女への返答を考えてくるように伝えます。 以下に、100年以上たった今でも語り継がれることになる、彼の書いたサンタさんに関する名文を紹介します(中村妙子:訳)。
 ”バージニア、あなたのお友だちは間違っています。そのひとたちは見えるものしか信じないのです。そのひとたちは、そのちいさなアタマで理解できるもの以外は存在しないと思っているのです。 バージニア、サンタクロースはいるのですよ。目には見えないけれど愛と親切と献身とが存在するように。もしこの世界にサンタクロースがいなかったら、どんなにつまらないことでしょう。それはこの世にバージニアがいないのと同じほどつまらないでしょう。そこには、子どもらしい信じる気持もなければ、われわれに生きる望みを与えてくれる詩も夢もないことになります。子どもたちがいるからこそこの世に満ち満ちているあの永遠に輝く光が消えてしまうことになるのです。
 
 サンタクロースを見ることは誰にもできません。しかし、それでもサンタクロースがいないということにはならないのです。この世で一番真実なものは大人にも子どもにも見えないものなのです。… この世で見えないものの中に隠されている不思議な魅力をすべて知り尽くし想像し尽くすことは誰にもできません。信仰faith, 詩 poetry, 愛 love, romanceのみがそのカーテンを押し開いて、その向こうにあるえもいわれぬ美しさ、栄光を見せてくれるのです。バージニア、この世の中にはこれ以上に真実で永遠なものはないのです。 サンタクロースはいるのです。そして千年後、また千年の十倍のまた十倍の後になっても、サンタクロースは子どもの心を喜びで満たしつづけてくれるでしょう。”
 そういうわけで、もちろんアメリカ人だってサンタさんは大好きです。 ただ日本とは、スケールが違います。(笑) この日まで部屋の中を飾るオーナメント(ツリーの飾り)いっぱいの、3メートル近くもある本物のもみの木で出来たクリスマスツリー。 そしてその木の下には、クリスマスの日の朝に開けられるのをまっている山済みになったプレゼント達の数々。 プレゼントを交互に渡し、開けていくだけでも半日がかりの大仕事です。 うーん、さすがはアメリカ・・・。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

13 Comments

  1. 返信
    めんたい。 28/12/2004

    他ブログからのトラバあいがとうございます。
    小学校の司書してます。簡単な説明だったの
    ですが、完全な内容説明に恐れ入ります。
    アメリカのクリスマスってぜひ見てみたいです!
    イギリスのクリスマスプディングも食べてみたい。
    やっぱり、起きてからの子どもが反応って
    たまんないですよね。
    いつまでも、知ってしまっても、サンタを信じて
    いてほしいと思ってしまう。子どもってステキ
    ですね。

  2. 返信
    チェルシー 28/12/2004

    はじめまして チェルシーといいます。
    トラックバックありがとうございます。
    この『サンタクロースっているんでしょうか?』は
    アメリカでは古典ともいわれるほど有名で
    毎年毎年語り継がれている・・・・・・
    と聞きましたが、本当なんですね。
    クリスマスツリーの周りのプレゼント すごいですね。
    うちの子供たちに見せたら うらやましがります きっと。

  3. 返信
    sushi 29/12/2004

    チェルシーさんへ
     確かにこの話は有名ですね。 みんながみんな知っているというわけでは決してなさそうですが、とりあえずなんとなくそんな話聞いたことあるよって人はわんさかいそうです。(笑)
    特にサンタクロース物の映画なんかでは、この話をネタにしたと思われる展開のストーリーがありますしね。
     プレゼントの量は本気で半端じゃあありません。 一家庭分なのに、日本だと絶対に近所の子ども会分位ありますね。(笑) なにしろ、この写真を撮った後もさらに増えてましたから・・・。

  4. 返信
    sushi 29/12/2004

    めんたいさんへ
     アメリカのクリスマスは、長さも内容もスケールが桁違いです! ぜひ一度は体験しに来てくださいね。 
    それから、アメリカでもやっぱりプディングを食べるのですが、あれって日本のプリンと違って、日本でいうところのケーキなんですよね。 紹介しようと思ってましたが、ホリデーシーズンって書きたいことが多すぎて、ちょっと今年だけじゃあ紹介し切れません、ということで来年改めて紹介するかもです。(笑)
     自分も子供達が大好きなので、世界中で子供達の写真を撮りためてます。

  5. 返信
    yuji 31/12/2004

    はじめまして。遅くなりましたが、トラックバックありがとうございました。
    この新聞の社説の話、以前からおおまかな内容は知っていたのですが、全文をちゃんと読んだのが始めてだったので、うちのblogに載せてみました。いろいろな感想があると思いますが、僕はこういうのって、大好きです。
    アメリカのクリスマスは盛大ですよね。僕も二度ほど、アメリカでクリスマスを過ごすことができたので、今でも懐かしく思い出します。

  6. 返信
    sushi 31/12/2004

     yujiさんへ
     この話、本当にいい話だと思います。
    それにしてもアメリカ人ってさすがに何やるのでもスケールが違いますよね。(笑)

  7. 返信

    【クイズ】サンタクロースの生まれた国は?

     さて、今週は、くだものと直接関係ないかも??
    でも、もうクリスマス・イブまであと45日となりました。
     クリスマスカードを見ていると、なんだか…

  8. 返信

    こんにちは。
    ウーマンcasTY編集部のききと申します。
    12月12日公開予定のウーマンcasTY「くらしのコラム」内で、
    こちらの記事の一部を、
    引用してご紹介させていただく予定です。
    引用元は明記し、リンクを張らせて頂きます。
    コラムのテーマは「世界のクリスマス」です。
    クリスマスに関する楽しい話題を、
    いくつかのブログからピックアップしてご紹介する内容です。
    バージニアちゃんと記者さんのお手紙についての記事、
    とても素敵なお話で感動しつつ読ませて頂きました。
    引用について何かございましたら、in-wcasty-ed@iact.co.jpまでご一報いただければと思います。
    その他、ご質問などもin-wcasty-ed@iact.co.jpで受け付けております。
    では、どうぞよろしくお願いいたします。
    「ウーマンcasTY」
    http://casty.jp/woman/
    「くらしのコラム」
    http://mycasty.jp/woman/

  9. 返信
    sushi 08/12/2005

      ウーマンcasTY編集部さんへ
     特に写真などは海外のサイトも含めて、私のメインサイト等から無断使用されているのを見つけるのですが、「引用元は明記し、リンクを張らせて頂きます。」こういうことなら大歓迎です。(笑)
     これからもよろしくお願いいたします。

  10. 返信

    早速のご返答ありがとうございます!
    コラムが公開になりましたら、あらためてコメントにてご連絡を差し上げます。
    今回始めてこちらのブログを拝見したのですが、
    シカゴの町の息づかいが伝わってくる楽しい記事が満載ですね。
    これからも個人的にものぞかせていただこうかと思っております。
    それでは。
    ウーマンcasTY編集部 きき

  11. 返信

    日本と違う!? 世界のサンタさん事情!

    「コレジャナ〜イ!」クリスマスの朝、全国のお父さんお母さんが一番聞きたくないセリフといえばコレではないでしょうか。実はわたし、言ったことあるんですよね、自分の親…

  12. 返信

    クリスマスツリー

    今日は、ちょっと前に買っていたクリスマスツリーを作りました。ちょっと作るの遅い…

  13. 返信
    ど風呂グ 24/12/2005

    今までで、世界で一番 大きかったクリスマス・ツリー

    こんにちは。 今年も華やかなイルミネーションで街がキラキラしてますね。 そんな時ふっと思い出す、3年前に行ったN.Y.のお話です。 ず~っと休暇を却下され…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA