Blog Archives

クリスマスツリーとプレゼントの巻

chrismas-tree.jpg 前回は、クリスマスといえばイエス・キリスト、そしてクリスチャン達の大事なお祝いの日だという話をしたが、アメリカにだってもちろんサンタさんはやって来るという話し。
 1897年9月21日のニューヨーク・サン紙の社説に、あるサンタさんに関する話しが掲載された。 ことのはじまりは、8歳のバージニアちゃんが、学校で「サンタクロースなんていないよ」と友達にからかわれたことから。 そこでバージニアちゃんは、お家に帰ってからお父さんに聞きます、「サンタクロースって本当にいるの?」。 でもお父さんだって、そんなことはわかりません・・・。 そしてお父さんは、バージニアちゃんに言います、「新聞社にお手紙を書いて聞いてみたらどうだい? 新聞記者がいるって言うのなら、本当にいるに違いないんじゃないかな」。 
 ”編集長さま、 わたしは8才です。 わたしの友だちにはサンタクロースなんていないんだといっている子がいます。 お父さんは「サン新聞に問い合わせてごらん。新聞社のひとがサンタクロースがいるというなら、たしかにいるんだろう」と、いいました。ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか? バージニア・オハンロン ニューヨーク市西95番街115番地”
 それを受けた、ニューヨーク・サンのエドワード・ミッチェル編集長は、記者のフランシス・チャーチへ彼女への返答を考えてくるように伝えます。 以下に、100年以上たった今でも語り継がれることになる、彼の書いたサンタさんに関する名文を紹介します(中村妙子:訳)。
 ”バージニア、あなたのお友だちは間違っています。そのひとたちは見えるものしか信じないのです。そのひとたちは、そのちいさなアタマで理解できるもの以外は存在しないと思っているのです。 バージニア、サンタクロースはいるのですよ。目には見えないけれど愛と親切と献身とが存在するように。もしこの世界にサンタクロースがいなかったら、どんなにつまらないことでしょう。それはこの世にバージニアがいないのと同じほどつまらないでしょう。そこには、子どもらしい信じる気持もなければ、われわれに生きる望みを与えてくれる詩も夢もないことになります。子どもたちがいるからこそこの世に満ち満ちているあの永遠に輝く光が消えてしまうことになるのです。
 
 サンタクロースを見ることは誰にもできません。しかし、それでもサンタクロースがいないということにはならないのです。この世で一番真実なものは大人にも子どもにも見えないものなのです。… この世で見えないものの中に隠されている不思議な魅力をすべて知り尽くし想像し尽くすことは誰にもできません。信仰faith, 詩 poetry, 愛 love, romanceのみがそのカーテンを押し開いて、その向こうにあるえもいわれぬ美しさ、栄光を見せてくれるのです。バージニア、この世の中にはこれ以上に真実で永遠なものはないのです。 サンタクロースはいるのです。そして千年後、また千年の十倍のまた十倍の後になっても、サンタクロースは子どもの心を喜びで満たしつづけてくれるでしょう。”
 そういうわけで、もちろんアメリカ人だってサンタさんは大好きです。 ただ日本とは、スケールが違います。(笑) この日まで部屋の中を飾るオーナメント(ツリーの飾り)いっぱいの、3メートル近くもある本物のもみの木で出来たクリスマスツリー。 そしてその木の下には、クリスマスの日の朝に開けられるのをまっている山済みになったプレゼント達の数々。 プレゼントを交互に渡し、開けていくだけでも半日がかりの大仕事です。 うーん、さすがはアメリカ・・・。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif