Blog Archives

マーティン・ルーサー・キング・デーをこんな時こそもう一度考えてみたいの巻

マーティン・ルーサー・キング アメリカでは、マーティン・ルーサー・キングの誕生日1月15日に近い、第3月曜日がマーティン・ルーサー・キング・デーとして祝日になっている。 もちろん、彼についてはご存知の方も多いであろうが、いちおう簡単に紹介する。 1929年にジョージア州アトランタに生まれ、1955年ボストン大学神学部にて博士号を取得。 1955年12月にモンゴメリーで発生した、ローザ・パークス逮捕事件に対する抗議運動を通して、全米各地での公民権運動指導者としての活動を開始する。 中でも、1963年のワシントン大行進での演説、「I have a dream : さて、わが友よ。われわれは今日も明日も困難に直面しているが、それでも私には夢があると申し上げたい 」は有名。 翌1964年には、ノーベル平和賞を受賞したが、1968年4月4日テネシー州メンフィスにて、シカゴがあるイリノイ州出身の白人青年ジェームズ・アール・レイにより暗殺された。 
 アメリカという国は、新しい国であるがゆえに持つ斬新なエネルギーと、まだまだ確立しきっていない混乱を内包している。 例えば、以前に住んでいたリッチモンドという街は、アメリカ史上最大の犠牲者を出した戦争でもある南北戦争当時の南軍の首都であっただけに、こういうたぐいの人種に対する偏見は根強く残っており、現在もバージニア州はじめ南部諸州では、このマーティン・ルーサー・キング・デーは、ジェネラル・リー・デーにそっくりすりかえられたままである。 ちなみにジェネラル・リーとは、南軍の英雄リー将軍のことで、マーティン・ルーサー・キングが黒人の地位向上を謳ったのに対して、奴隷制擁護体制のドンである彼を同祝日に置き換えるのは、あまりに露骨といえば露骨である。 この辺りのことは、自分のメインサイトOpenCityの中にある(Rich and Poor)に詳しい。
 こんな時代だからこそ、我々はマーティン・ルーサー・キング牧師の言葉、「人は兄弟姉妹として共に生きていく術を学ばなければならない。さもなくば、私たちは愚か者として滅びるだろう。」を思い出すべきではないのだろうか?
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
日本赤十字社からの義援金申し込みはこちらから