Blog Archives

ハイフィデリティな雰囲気が街中にあふれるレークビューの巻

recordshop.jpg ジョン・キューザック、ジャック・ブラックはじめ個性的なキャストを集めた、ニック・ホーンビィ原作の「Hi Fidelity」という映画があったが、まさにそれを地で行く様な世界が、シカゴのノースサイド、特にレークビュー近辺には点在する。 
 映画のストーリーは、シカゴで小さな中古レコードショップを経営する、音楽オタクのしがない30代の独身男性をとりまく、恋愛観や人生観の話し。 こう書くとなんだかつまんなさそうだけど、原作も映画も結構いけます。(重厚な作品や、賞狙いっていう意味じゃなくてね:笑) でもって、この手の小さな中古レコードショップが、近所にこれでもかっていうくらいに充実しているので、暇を見つけてはちょくちょく冷やかしに行っている。 
 ただ冷やかすとはいってみても、こちらのお気楽な態度が圧倒されるほどに、店内でレコードを弄る人々の表情は真剣そのもの。 ヘッドホンを両手で耳に押し付け恍惚の表情で体を揺らす男、銀行員も真っ青の指裁きでパラパラパラッとレコードを目にも留まらぬ速さで捲っていく男、店内上部に飾られる目玉商品を空きあらば掻っ攫わんとばかりの目線で盗み見る男、DJ風の服装に身を固めるマニア向けコーナー専門の男、ジャケ買い派の写真にはちょっとうるさい細かい傷まで凝視型の男、ついさっきまでガンジャをやってたような足取りで民族音楽コーナーの片隅でぼーっとしてる男などなど、大半の客は他人の事など一切意に介してない物臭男性ばかり。 
 こんな中古レコード店だが、掘り出し物や貴重な品も数多く眠っており、中には日本だと一枚ウン万円の品もある。 もちろん、そのほとんどはここアメリカでも高値なのだが、運がよければ、おいおいどうしてこんなのがここに混じってんだよっていうのが存在するから面白いのだ。 普段グロッサリーストアのレジや、郵便局の順番待ちでうんざりしてるアメリカ人のいい加減さが、この時ばかりはちょっとありがたかったりする貴重な瞬間でもある。
 あなたもシカゴへ来られたおりには、絶版、名盤を探してみては?
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

日本赤十字社からの義援金申し込みはこちらから