冬の象は何を思うのかの巻

elephant.jpg もう何度も言っているが、シカゴの冬は寒い、いや寒いどころの騒ぎじゃあない! 昔、凍結防止効果のあるエンジンオイルか何かのテレビ・コマーシャルで、バナナを地面にしばらく放置すると、そのうちにカチンコチンに凍って釘が打てるようになる、「が!我が社のオイルはそれでもサラサラ~♪」というようなのがあった。 この街の冬の寒さは、冗談じゃなくまさにそれそのものなのである。 
 そんな厳冬の地シカゴにある、リンカーンパーク動物園へ連れて来られた、熱帯育ちの象達には同情を通り越して、何か特別な感情すら生まれる。 確かにシカゴの子供達には人気者なのだが、根っからの寒さ嫌いな自分は、彼等の置かれている立場をどうしても時々想像してしまう。 他にもライオンやトラをはじめ、サイ、ハイエナ、クモザル、ヒヒ、そしてこのブログのタイトルにもなっているシマウマなどなど、会話できるとすれば、「あたい暑さには強いんだけど、寒さはちょっとねえ・・・」などと答えるであろう動物がいっぱいいる。 それでも、そんな彼らがこの寒さの中で、きちんと管理されつつ過ごしているのには、なみなみならぬ飼育係の苦労があるのだろう。 
 それともシカゴの動物達は、ノーベル賞受賞者数世界一のシカゴ大が密かに開発したサイボーグなのだろうか?
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
Lincoln Park Zoo
2200 N. Cannon Drive
312-742-2000
Hours: April 1-Oct. 31: 9 a.m.-6 p.m. (grounds); 10 a.m.-5 p.m. (buildings and farm)
Nov. 1-Mar. 31: 9 a.m.-5 p.m. (grounds); 10 a.m.-4:30 p.m. (buildings and farm)
Extended summer hours:
Saturdays, Sundays and holidays from Memorial Day-Labor Day: 9 a.m.- 7 p.m. (grounds); 9 a.m.-6:30 p.m. (buildings and farm)
Fax: 312-742-2137

日本赤十字社からの義援金申し込みはこちらから

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信

    トラバありがとう。
    シカゴには叔母が住んでいるけど、会いに行ったことないです。
    動物園の動物たちホンマかわいそうな気がしますね。
    常夏の南国から極寒の地に連れてこられているんやから、風邪引く所じゃないやろう。
    コタツなんか置いたらきっとライオンは中で丸くなっているんやろうな。

  2. 返信
    うすあじ 21/01/2005

    TBありがとうございます。
    動物園は寒そうですね。

  3. 返信
    藤河信喜 22/01/2005

      ヒカルさんへ
     シカゴに叔母さんがいるんですね。 この寒さの中、外で日向ぼっこしてる姿なんかかなり哀愁感が漂ってます。
     それにしても、コタツでライオンが丸くなるっていう発想には受けちゃいました。(笑)

  4. 返信
    藤河信喜 22/01/2005

     うすあじさんへ
     寒いです、寒すぎます・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA