Blog Archives

ロジャー・クレメンスがメジャーリーグ投手史上最高額の年棒で契約更新の巻

clemens.jpg ロージャー・クレメンスが、投手史上最高額の年棒18ミリオンドルで1年契約! カルロス・ベルトランとともに、今年のヒューストン・アストロズ快進撃の起爆剤の役目を果たした、大投手ロジャー・クレメンス。 その彼が、今シーズン終了後には、「99%引退するんじゃないかな」って言ってたのに、契約更新したという話し。
 大の野球ファン、特に投手が気になる自分は、ノーラン・ライアン、ランディ・ジョンソン、そしてこのロジャー・クレメンスのピッチングを同時代に観れたことを非常に感謝している。 グレッグ・マダックス、ペドロ・マルティネス、カート・シリング等、他にもメジャーリーグには素晴らしい投手が目白押しである。 が、この3人のように、先発して最後まで力で押し切れるピッチャーというのはそうそういるものではない。 もし挙げるとすれば、現在イメージ的に彼らに一番近いのは、シカゴ・カブスのケリー・ウッドくらいのものじゃあないのだろうか。 そのくらい彼はすごいピッチャーだし、こういったパワー・ピッチは、日本人とは体格からして違うメジャーならではのものだ。
 ちなみに彼の経歴を簡単に紹介すると、通算328勝164敗、通算防御率3.18、通算奪三振4317(歴代2位)、サイ・ヤング賞7度(歴代1位)という、大リーグ史上に残る大投手としての堂々たる記録。 
 そんな彼のピッチングがもう一年観れると思うと、本当にうれしい。 自分などは去年のプレーオフで、これがロジャー・クレメンスの現役最後のピッチングかもしれないなどと思うと、彼の登板する試合は、トイレに行くのも我慢して毎試合緊張しながら眺めたものだ。 
 しかし一年で、約18億5000万円ですか・・・。 一般市民な自分などは。(苦笑)
詳しくはMLB.COMを参照。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
Photo © AP

日本赤十字社からの義援金申し込みはこちらから