Blog Archives

サミー・ソーサがカブスからオリオールズへ移籍合意間近の巻

sosa.jpg サミー・ソーサがついにシカゴを去る日が近づきつつあるようだ。 マイケル・ジョーダンが去った後のシカゴ・スポーツ界の顔として、ソーサはシカゴ市民の絶大な人気を誇ってきた。 特に99年のマーク・マグワイアとの史上稀に見る、ホームランレースでその印象を決定付けたといってよい。
 ソーサはドミニカ共和国出身で、16歳の時にレンジャースと契約。 89年メジャーデビューするが同シーズン途中にホワイトソックスへトレード。 92年カブスへトレード。 98年上述のマグワイアとの壮絶なホームランレースを演じ、ロジャー・マリスが持つシーズン61本塁打の最多記録を上回って、マグワイアの70本塁打に続く66本塁打を記録し158打点で打点王を獲得。 2000年50本塁打で本塁打王を獲得。 01年マグワイアに並ぶ4年連続50本塁打以上を記録し、160打点で打点王を獲得。 02年49本塁打で2度目の本塁打王を獲得。 とここまでは、文句の付けようが無い記録と、シカゴ市民への絶大な人気を誇ってきた。 
 しかしながら、03年試合中に折れたバットからコルクバット使用が発覚し、退場処分ならびにその後の8試合出場禁止処分。 この辺りから彼の栄光に翳りが見え始め、カブスのチームメートや監督との不仲、シカゴ市民からの批判的な声、さらには怪我が続いたことで、メジャーでただ一人シーズン60本塁打以上を3度も記録している強打者でありながら、 04年打率2割5分3厘と98年以降では最低のうえ、本塁打35本で、40本塁打以上は6年連続で途切れた。 特に昨シーズン最終戦では、試合中に無断帰宅するという事件まで起こし、カブスからは罰金約900万円(彼の1試合分の給料)を課せられるなど、チームメートや監督との不仲は修復しがたいほどに悪化していた。 この問題は、シカゴ市民の間でもかなり悪評で、新聞やTVニュースでも度々取り上げられたほか、キャプテンのマーク・プライアー自身もラジオやTVで彼に対する不信感を発言する始末。
 以上のような経緯もあり、単独歴代7位の通算574本塁打で、現役ではバリー・ボンズ(ジャイアンツ)に次ぐ通算ホームラン数を誇るシカゴ・カブスの主砲サミー・ソーサは、ボルティモア・オリオールズへ移籍間近であるというニュースをAPが伝えた。 トレードの内容は、ソーサはカブスと今季分の契約が残っており、カブスは年俸の1700万ドル(約17億4700万円)の大部分を支払うとしている。 また、06年の契約について、ソーサは無効にすることに同意したという。  その見返りとして、昨季打率3割3厘、2本塁打、24打点、13盗塁のジェリー・ヘアストン二塁手(28)に加え、少なくとも2人の若手有望株をカブスは得る。 トレードは、健康診断や米大リーグ機構のセリグ・コミッショナーと選手会の同意が得られしだい成立する見込みで、選手会の方も、以前にソーサがオプションを破棄することに問題はないとの見解を示しており、この点は移籍成立の障害にはならないと見られる。
 シカゴ・カブスのファンとしては、このニュースを喜んでよいのかどうか複雑な心境である。 ソーサはパワー的には未だ衰えきったとはとても思えないが、現在のカブスは、ノーマ・ガルシアパーラをはじめ打撃陣は充実しており、また先発陣もケリー・ウッド、マーク・プライアー、カルロス・ザンブラノ、グレッグ・マダックスとメジャー屈指の投手陣を誇る、それだけにチームメートとのいざこざの耐えないソーサの移籍自体には異論はない。 しかし、カブスよ! 本当にこのトレードで良いのか? 他にもっと良い条件でのトレードが可能だったのじゃないのか? 仮にもトレードの相手は、あのソーサだぞ! カブスについては、マネージメントを含め、時々疑いたくなる場面があまりに多すぎる。 選手層は厚いだけに、それが残念でならない。 ここはヤギの呪いを解くためにも、レッドソックスが若干30歳のGMを導入してバンビーノの呪いを解いたように、上層部の思い切った改革が必要な印象を改めて受けるトレード条件である。
がんばれカブス!
photo © AFP
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

日本赤十字社からの義援金申し込みはこちらから