シカゴの見所を紹介の巻 その1

chicago-map.gif
 シカゴという所をもっと良く知っていただくために、街の見所を4回に渡って紹介していきたいと思います。 観光名所それぞれについては、そのうち改めて詳細にリポートさせていただこうと思っておりますので、今回はあくまで大まかな概観紹介になります。
 ① ノースサイド (見所:リンカーンパーク、リンカーンパーク動物園、ニュータウン、リグリーフィールドなど) : 広大なリンカーンパークでは、湖沿いにある小道でサイクリング、ジョギング、ローラーブレードなどで汗を流す人や、夏の間はビーチで泳いだり、日光浴を楽しむ人で賑わっています。 リンカーンパーク動物園は、ライオン、トラ、ゾウをはじめ数々の動物が、工夫を凝らしたディスプレーで観客を楽しませてくれる充実の施設なのですが、隣接の植物園ともども、なんと入園料は無料です。 ニュータウンは、ブルースバー、ジャズバーをはじめ流行に敏感な若者や芸術家が多く住む街で、シカゴの地元民が遊ぶ地域へ出かけて見たい人は必見のエリアです。 リグリーフィールドは、ご存知シカゴ・カブスの本拠地で、大リーグで2番目に古い球場でもあります。 
 ② リバーノース (見所:ネイビーピア、マグニフィセント・マイル、ウォータータワーなど) : ネイビーピアはミシガン湖へ突き出たかつての港跡地で、シカゴ観光へ来た際にはまず最初に訪れるところではないでしょうか。 マグニフィセント・マイルは、高級専門店が立ち並ぶアメリカでも1,2を争うショッピング・ストリート。 シカゴで、ブランド品や小粋なプレゼントを購入したい時には、まずこの通りへ行けば間違いないでしょう。 ウォータータワー周辺はホテルやレストランが集まり、シカゴ観光の際の拠点にするには最適の場所の一つといえるでしょう。
 ③ ウェストサイド見所:ユナイテッド・センター、グリークタウンなど) : ユナイテッド・センターは、マイケル・ジョーダンやバスケット・ボールのファンの方はご存知のシカゴ・ブルズの本拠地で、海外や国内から訪れるロック・スターをはじめ大規模なコンサートなどが開催されるこでも知られています。 シカゴへ来る前に、ロックやポップスのコンサート情報もチェックしてくると良いかもしれません。 グリークタウンは自分の大好きなロマンス・コメディ映画「マイ・ファット・グリーク・ウェディング」の舞台にもなった、ギリシャの香りたっぷりな町です。 レストランではみんな楽しそうに飲んでは唄って、あちこちから大声で「オパー!」という掛け声とともに一気飲みする陽気なおじさん達の姿が見受けられます。
 ④ リバーサウス見所:シカゴ美術館、シカゴシンフォニー、グランドパーク、ミレニアムパーク、フィールド博物館、ソルジャー・フィールドなど) : シカゴ観光といえば、まずはこの周辺での行動が中心になるかと思います。 ただどの見所もかなりの規模ですので、時間に余裕の無い方は、来られる前にある程度ポイントを絞って観光したほうがよいかと思います。 またフィールド博物館近辺から眺めるダウンタウンの夜景は、素晴らしいの一言です。
 ⑤ サウスサイド見所:チャイナタウン、ハイド・パーク、USセルラー・フィールド、シカゴ大学、科学産業博物館など) : 古き良きシカゴの残るサウスサイド。 ハイド・パーク近辺の高級住宅街をはじめ、近年再開発が進んできたとはいえ、悪名高きシカゴの凶悪犯罪率がまだまだ残るエリアですので、見所が満載とはいえ、地元に詳しい人との同伴やタクシー以外での現地入りは絶対に避けたいところです。 特に夜の街へ繰り出して、サウス系のブルースやソウル・フードを堪能したい方々は、絶対に軽はずみな行動は謹んで下さい。
 今回はシカゴの全体像を紹介しましたが、次回はシカゴ観光の中心になるであろうダウンタウンに焦点を当てて紹介したいと思います。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

7 Comments

  1. 返信
    TAMA 03/02/2005

    こういうの、うれしいです。地域情報には地図があるとわかりやすいですよね。私がいまいち「地球の○○方」を好きになれないのはあの本に載っている地図があまりにもお粗末、というのが大きいです。
    この地図のおかげでシカゴという街が急に現実的に思えてきました。
    ところで、カウンティ・ホスピタルの設定はどのあたりになるんでしょう?やっぱり危ない地域なんでしょうか。

  2. 返信
    りばてぃ 04/02/2005

    Sushiさーん♪どもどもですぅ~。ついにシカゴの地図投入ですね!(笑)エリア紹介を書いていると、やっぱり位置関係を伝えたくなりますものねぇ。上でTAMAさんが「地球の○○方」の地図のお粗末さについて触れておりますが、私はあの心の入っていない機械的な?文章が好きではありません。「迷い方」なんて呼ばれる最大の理由は内容が間違っているからだけじゃなくて、心がこもってないからと私は思っています。でも、Sushiさんのご解説は完璧!!!現地在住者ならではの肌理の細かさと申しますか、ピンポイントで各エリアの特徴を分かりやすく伝えて頂いていると思います。さすがです!
    実は私、5年くらい前の秋に1週間ほどシカゴに旅行へ行ったことがあるんですよ。ダウンタウンに滞在して、そのときに最初に行ったのがやっぱりネイビーピアでした(笑)。リグレービルとかNBCビルの辺り、マグニフィセント・マイルでしたっけ?橋をわたって歩いたときは、建築物の美しさ、落ち着いた大人の街の雰囲気に大感動いたしました。もっと暖かくなってからで結構ですので、あの辺りの様子など特集して頂けるとうれしいなぁ~。
    それではまた遊びにきまーす。先日はトラックバック&ブログでのご紹介ありがとうございました♪

  3. 返信
    sushi 05/02/2005

      TAMAさんへ 
     自分はヤフーマップの愛用者なのですが、あれって英語表記ですから使いにくい方もおられると思うのですね。 そういうわけで簡単なマップを作ってみました。 これからも気が向いたら、マップを掲載したいと思います。 しかし日本からシカゴへの観光客って少ないなあって実感したのは、観光案内をはじめた途端にランキングポイントが猛烈な勢いで下がっている・・・。 シカゴって楽しいんですけどねえ。
    >カウンティ・ホスピタルの設定はどのあたりになるんでしょう?
    それってERの病院のことでしょうか? だとしたらTVで観る限りは、毎回場所を特定させないように設定を変えまくってますので、正直自分もわかりません。 そういうわけでダウンタウンのトランプタワー予定地、シカゴ先物取引所近辺なんかを勝手に想定しています。

  4. 返信
    sushi 05/02/2005

      りばてぃさんへ
    >心がこもってないからと私は思っています。
    同感ですね。 自分はどこへ行くにも地球の歩き方を常に持って歩く方なのですが、もうはなっから掲載情報には関心がありません。 それでも持ち歩くのは、日本人が常に集まる場所はこの本に掲載されたポイントだからなのですね。 海外では邦人との情報交換は結構貴重ですから。 そういうわけで、情報で選ぶなら間違いなくロンリープラネットです。 友人が編集を担当しているからちょっと宣伝というのもありますが・・・。(笑)
     今度シカゴへ来る時は、ぜひ連絡してくださいね!

  5. 返信
    TAMA 05/02/2005

    ここで悪口を言ってはいけないかと自粛してたのに(爆)>りばてぃさん、シマウマさん
    実は私もロンプラの方が100倍好きです。
    最近日本語版も出ているとか?読んでみたいです。
    ERのシカゴカウンティホスピタルはモデルになる病院があるわけじゃないんですか!私はてっきりあのelの駅のすぐ近くに病院があるのかと思っていました。なぁーんだあ。

  6. 返信
    windchill 05/02/2005

    いや、嬉しいです♪
    ダウンタウンへは、3回しか行ったことがないのですよ。
    (しかも、全部飲茶、食べに行ったりの、食事関係)
    参考にさせてもらいます。
    ER、懐かしい~。
    3年位前にハマりました。
    もう一度見返して、あ、あそこだ!みたいに分かったら
    さぞ面白いでしょうねえ~。

  7. 返信
    sushi 05/02/2005

      TAMAさんへ : いや自分のコメントは悪口ではないのですよ。(いいわけ・爆!) 歩き方には歩き方の、ロンプラにはロンプラなりの使用方があるのです。 現状の歩き方には、りばてぃさんのような生情報を求めるのは無理がある点は間違いないですが、日本でまだ海外個人旅行がメジャーではなかった時点でああいったシリーズを出版したビジネススピリッツは評価しています。
     ERの病院については、製作者側が意図的に場所の特定をさける設定にしてあるような気がします。
      windchillさんへ :  windchillさんがダウンタウンでも食事関係というのは、ブログを見れば納得ですね。(笑) ERには、結構自分の住んでいる所から近い場所が登場することも多いので、そういった楽しみは確かにありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA