Blog Archives

マリア・シャラポワはアメリカでもやっぱり人気者の巻

Sharapova.jpg マリア・シャラポワ人気は日本だけじゃなくて、ここアメリカでも凄いものがある。 そりゃあそうだろう愛称「妖精」の彼女の場合は、スーパーモデルかハリウッド女優のような容姿でありつつ、テニスの実力も世界トップクラスなのだからという話し。
 ロシア出身のマリア・シャラポワは、4歳の時にテニスを始め、6歳の時にモスクワでのエキジビション試合に出場してマルチナ・ナブラチロワの目に留る。 その際にナブラチロバから米国行きを勧められ、わずか900ドルを持ち父とマリアは母を残して、フロリダのブラーデントンへ渡った。 2003年ウィンブルドン大会で16歳にしてベスト16に進出。 2004年ウィンブルドンでは17歳2カ月にして優勝し、1997年に16歳9カ月でタイトルを獲得したマルチナ・ヒンギス(スイス)に次ぐ史上2番目の最年少優勝を記録。 そして今回の東レ・パンパシフィックオープン優勝により、世界ランキングも自己最高の3位へと。 興味が会った人はここもチェック
 自分が見始めた頃の女子テニス界は、上述のマルチナ・ナブラチロワシュテフィ・グラフなど、まさに女王という名が相応しい逞しい(!?)女性プレーヤーが多かったのだが、マルチナ・ヒンギスが新女王として君臨し始めた頃から、どうも女子テニスプレーヤーに「美貌」という新しいキーワードが加わったような気がする。 アンナ・クルニコワダニエラ・ハンチュコワエレナ・ドキッチ、そしてマリア・シャラポワなど、彼女達のように街を歩いていたらスーパーモデルと見間違うほどの美貌と容姿のプレーヤーが続々と登場してきている。 美貌、アスリートとしての才能、巨額の賞金と、世の人が羨むものを手にする彼女達をみるにつれて、口煩い説教親父の逆説的に人は見かけによらないものだなあとつくづく思う。
 シャラポワは東レ・パンパシフィックオープン優勝後の会見で、「世界のナンバーワンを相手にして、最後の最後までもつれた試合に勝つことができて、とてもうれしい」と語っている。 今後の成長が非常に楽しみな選手だ。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif