Blog Archives

グラミー賞にシカゴ出身カニエ・ウェストが最多ノミネートの巻

kanye.jpg グラミー賞の授賞式が開催されている。 第47回の今回は、シカゴ出身のカニエ・ウェストが最優秀新人賞やアルバム・オブ・ザ・イヤーを含む最多全10部門にノミネートされていることでも注目である。 
 彼はジェイ・Zからブリトニー・スピアードまでをプロデュースする、アメリカの音楽業界で今もっとも売れっ子のプロデューサーである。  シカゴ出身26才で、美大に通うが一年で退学し、トラック・メイキングに専念するようになる。 2000年ジェイ・Z『Dynasty Roc la Familia』に「ディス・キャント・ビー・ライフ」を提供し、以後『ブループリント』では「Izzo(H.O.V.A.)」、『ザ・ブループリントⅡ』では「’03ボニー&クライド」と、手掛けた楽曲は何れも1stシングルとなり、ジェイ・Zが”リスペクトするプロデューサーだけに楽曲提供を依頼した”という『ザ・ブラック・アルバム』でも2曲提供。  プロデューサーとして参加しているトゥイスタ『Kamikaze』は全米アルバム・チャートで1位を記録。 2002年MCとしてロッカフェラと契約。 満を持してのデビュー・アルバムは、全米ではノラ・ジョーンズと同じ発売日にリリースされたため、惜しくもチャート初登場2位にとどまったが、発売1週目で44万枚と驚異的なセールスを記録している。
 今、画面ではレナード・スキナードフリーバードスウィートホーム・アラバマが生演奏中です。 それではTV鑑賞へ一旦戻ります。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
photo © Roc-A-Fella