チャイナタウンのチャイニーズ・ニューイヤー・パレードへ行ってきたの巻

chinese-newyear.jpg シカゴのサウスサイドにあるチャイナタウンで開催された、チャイニーズ・ニューイヤー・パレードへ行ってきた。 小雨の降る寒空の中、想像していた以上に観客も集まり、ここが中国本土から遠く離れたアメリカ大陸の内部にある、シカゴであることを忘れさせてくれるほどであった・・・、とは言えないかもな理由を紹介する今回の話し。
 ニューヨークやサンフランシスコのチャイナタウンに比べると、その規模ははるかに小さく、また歴史自身も1870年代以降に形成されたりと、及ばないものがあるのは事実なのだが、ここが白人ばかりが周りに目立ち、中国人や日本人などのアジア系の友人や知り合いなど生まれてこの方持ったことがないという人達が珍しくない中西部であることを考慮すればたいした規模ではある。 そんな背景もあってか、沿道に立つ人達のほぼ9割方は白人。 パレードも中国系の人達によるものが半分で、後の半分は同じくサウスサイドに多く住むアフリカン・アメリカン系とアイリッシュ系の人達によるものであった。 イマイチなんだかなあ、なのは事実!
 だがそれでもチャイニーズ・ニューイヤー・パレードへ行ってよかったなあと思えたのは、ニューヨークやサンフランシスコなどアジア系の多い街と違って、普段アジア系の人達を見ることが滅多にない白人のおばあさんや、明らかにアイオワやウィスコンシンなんかのトウモロコシ畑以外なーんにもない地域からシカゴへやって来たのであろう野暮ったい人達が目を輝かせて、まるで未知との遭遇かのようにカメラのフラッシュを焚きまくっていたことである。 こういうのって日本の田舎で、「あっ! 見て見て! ガイジンよ~っ!」って感覚に近いと思う。 そういうわけでパレードではなく、中西部人の「ガイジンよ~っ!」が非常に興味深かった一日である。 とりあえずチャイナタウンには結構おいしい飲茶などもあるので、そのうちにまた改めてチャイナタウン特集をお届けしようと思っています。
 *チャイナタウンへは、地下鉄ループ・レッドラインのセルマック-チャイナタウン駅下車で、ダウンタウンから約10分程度。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
  
 
 奥さんが、椎名誠風に言うと「日本でアタシも考えた」をブログにすることにしたらしいので、よかったら覗いてみてやってください。 
vermillion horizon

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

11 Comments

  1. 返信
    それいゆ 16/02/2005

    TBありがとうございました。
    アメリカ=中国正月ってあまり結びつかないのですが、
    やはりチャイナタウンでは賑やかにお祭りが行なわれるのですね。
    ぜんぜん知らない場所のお話、楽しく拝見させていただきました。

  2. 返信
    ジョニー 16/02/2005

    TBありがとうございました。
    僕もさせてくださいね。
    というか、アメブロ以外の方から
    TBされたのは、とっても驚きました。
    遠路遥々、ありがとうございました。

  3. 返信

    チャイナタウン in カナダ

    今週もTBステーションの話題に参加してみます。
    旅でのデンジャラスな体験・・・
    そこまでしたことは無いんですけど、
    僕が中学二年生のとき、
    旅先のカナダ…

  4. 返信
    Masa 16/02/2005

    シカゴに多くいる”アイリッシュ”の特集をいつかやって頂けるとアイルランド(U2)好きの私はハッピーです。
    今回シカゴで4回もU2のコンサートがありますが(私は予算の都合上シカゴでは2回のみ、+1回ダブリン)、アイリッシュ人口の多さのためなんでしょうか?更にアイリッシュの多そうなNYCでは1回しかやらないので、関係ないか。

  5. 返信

    チャイナタウン2nd in バンコク

    昨日9日は旧正月。
    チャイナタウンではニューイヤーだ。
    どうやらかなり盛り上がるらしい。
    どんな盛り上がりなんだろう。
    きっとみんな浮かれはしゃいで…

  6. 返信
    Tomotubby 17/02/2005

    ともたびーと申しまする。
    トラックバック、ありがとうございました。
    シカゴにもチャイナタウンってあるんですね。
    獅子舞も香港や横浜で見たのと同じだぁ。
    せっかくシンガポールの記事にトラバいただいたので、
    ともたびとしても
    シンガポールのチャイナタウンから、
    長らく中断していたTigerBalmGardensへ、
    そして現在特集進行中の台湾九分へ
    と繋げる記事を書くことにしました。
    お暇な時に覗いてくださいね。

  7. 返信
    sushi 18/02/2005

    それいゆさんへ 中華のパワーには世界中どこへ行っても本当に驚かされます。 ヨーロッパでも、アジアでも、アメリカでも必ず小さな町にも1軒はチャイニーズ・レストランがありますもんね。
     ジョニーさんへ トラックバックは大歓迎ですので、どんどんしちゃってください。(笑) これからもよろしくお願いします。
      Masaさんへ 了解しました! 実は現在住んでいるリンカーンパークへ移ってくる前は、サウスサイドのアイリッシュタウンに一時住んでいたんですよ。 自分も彼らは大好きなので、セント・パトリックス・デー前にアイリッシュ特集させてもらいたいと思います。 それにしてもシカゴ2回もすごいですが、ダブリンまでいっちゃうというのは本物ですね。 レポートお待ちしております。
     Tomotubbyさんへ ほとんど中華系のシンガポールに比べると、シカゴのチャイナタウンは規模もずっと小さいのですが、アメリカの白人地帯である中西部にあることで、エスニック度はかなり高いです。 そちらへもお邪魔させていただきますね。

  8. 返信
    sushi 18/02/2005

    追記:Masaさんへ PR活動してくださっているとは感激です。 シカゴってもっと日本の人に知ってもらえてもよい素晴らしい街なのですけどねえ。 自分は住めば住むほど好きになりつつあります。

  9. 返信
    emem 19/02/2005

    はじめまして、ememです。
    遅くなりましたが、TBありがとうございました。
    日本人も旅行好きでどこにでも出没していると言われがちですが、
    中国人は経済的にネットワークを広げているところがすごいですよね。
    近いようで遠い国、中国。興味深いです。

  10. 返信
    sushi 21/02/2005

    ememさんへ 
     確かに中華系の人々のパワーには驚かされますね。 世界中何処へ行っても彼らの商売に励む姿に出会いますもんね。 
     これからもよろしくお願いします。

  11. 返信

    日本にいる外国人のブログ 〜日本〜

    こんにちは、寒い日が続きますね。日本の東京はまたも5センチぐらい雪が積もりました。そろそろ東京人も雪かきに慣れてきたようです。 ところでこのMNNワールドリポ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA