シカゴ・カルチュアル・センターで開催されたラブソングス・オブ・ザ・ワールドの巻

issa.jpg シカゴ・カルチュラル・センターで開催された、バレンタインデー特別企画「ラブソングス・オブ・ザ・ワールドへ出かけてきた。 シカゴ生活の素晴らしいところは、大都会だけあってこういった良質のエンターテーナメントに接する機会が非常に多いことである。 しかも無料! 「無料」っていう言葉の響きに弱い自分が、そういわれて出かけないわけがないというものである。
 シカゴ・カルチュラル・センターはこういった特別企画を常に催すところとして、シカゴ市民としてはスケジュールチェック必須の場所。 イベント内容は今回のような音楽から、絵画、写真、彫刻、映像をはじめ、異文化紹介まで幅広い分野を形式にとらわれることなく紹介してくれる。 そしてそのほとんどのイベントが無料なのである。
 昨夜のコンサート「ラブソングス・オブ・ザ・ワールド」へは、出身地や出身国のルーツを生かしたトラディッショナル音楽で、シカゴを拠点に活動する5つのグループが参加した。 
アメリカン・ジャズ・ボーカリストのBobbi Wilsynは、コロンビア・カレッジの教師をしながら、シカゴで25年以上の活動してきた。 
パレスティニアンのIssa Boulosは、多作の作曲家であり、ウード・プレーヤーであり、シンガーである。 
ブラジリアンのPaulinho Garciaは、シカゴ・ミュージック・アワードでベスト・ジャズ・エンターテーナーの受賞歴があり、ここ最近は彼のバンド「Jazzmineiro」と共に演奏活動を続けている。 
中国からのBaimeiは北京国立伝統芸術大学を卒業後に、シカゴでシンガーソングライターやオペラの歌手として活動を開始し、現在は中国系TVやコンテンポラリー・チャイニーズポップアートの舞台に立っている。 
それぞれに「イタリアン、フィリピーナ、ネイティブ・アメリカン」と「イタリアン、ネイティブ・インディアン、アイリッシュ」のバックグランドを持つMichaela MarchiとJoe Reilly、5年間に渡りネイティブ・アメリカン音楽を演奏し続けている。 
とまあシカゴを拠点にという共通点はあるものの、まず普段はありえない世界音楽のミックスジュース。
 まったく違ったルーツや演奏法、楽器を持つそれぞれのアーティスト達が、これまたまったく違ったボーカル・スタイルで歌うラブ・ソングは、そのかけ離れた音の違和感よりも、不思議と「LOVE」という共通項を得て会場を一体化させていた。 シカゴに限らず、アメリカ合衆国という移民によって成り立っている国を象徴したようなこの夜のイベント内容は、これまでの自分のアメリカ生活中でも最高に素晴らしい瞬間の一つになった。
 「常々あなた方が中東を、そしてそれを”アラブ”と呼ぶ時、「政治は愛よりも・・・、戦争は平和よりも・・・、そして争いは和解よりも・・・」と思うのではないだろうか? 自分はパレスティニアンのアーティストとして、アラブ文化は決して戦争と政治だけではないということを叫びたい。 その証拠に1000年に及ぶ伝統的な詩において、95%のアラブ・レパートリーは何らかの愛を詠ったものである。 私達がを歌うとき、私達の歴史の詩に刻まれた偉大なを呼び起こすことになるのです。」 by Issa Boulos
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*シカゴ・カルチュアル・センターは、ミレニアムパーク前78 E. Washington Stにある白亜の建物です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

11 Comments

  1. 返信
    ポコアポコヤ 18/02/2005

    アラブ音楽の楽器(ウード・タムタム)と、チュニジア映画「ある歌い女の思い出」

    私は海外旅行に行くと、お土産に現地の土着的な楽器などを
    買って帰ったので、色々な楽器が溜まりました。
    一番その中でも思い入れが深くて、一番やっかいだったのが

  2. 返信
    kyoque 18/02/2005

    TBをありがとう! きっとウードで反応してくれたのですね。いや、シカゴのイベントに比べれば、むしろ百姓臭い、よく言えば土に根付いた(?)ポエトリーイベントin KYOTOだったのですよ!(ウソ言え!)

  3. 返信
    凶区ブログ 18/02/2005

    旅日記その6/凶徒 京都木屋町「ろくでなし」で吼える!

    (承前)9月23日(秋分の日)
    木屋町通りのなかほどにカラオケ屋もやっているカフェがあったので、そこで軽く食事する。TOMOはこれからアラブ圏の音楽をやるという…

  4. 返信

    ブログランキングで上位表示された方へ、あなた様のお力をどうかお貸しいただけないでしょうか?

    ブログランキングに上位表示された方へ、どうか、あなた様のお力をブログで困っている方のために貸していただけないでしょうか?今現在あなたさまと同じように、ブログを作…

  5. 返信
    slowcd 19/02/2005

    トラックバックありがとうございます。
    書いておられるライブの内容で、無料なんていいですね。
    日本じゃなかなかないんじゃないでしょうか。
    ウードの演奏は渡辺香津美という人が弾いてたのと、映画のなかでしか観たことがないです。
    どんなライブだったのでしょうか?
    面白そうですね。

  6. 返信
    かえる 19/02/2005

    はじめまして、トラックバックありがとうございます。
    なんて、ゴージャスなうらやましいライブ!さすがシカゴはうらやましいです。

  7. 返信
    tokunaga 19/02/2005

    TBを返しておきました。
    うーん面白そうなイベントですねえ。しかも無料とは。どこからお金が出てるんでしょうね。
    東京の音楽シーンも相当面白いですけどね。シカゴはまだ行ったことがないので、そのうちぜひ訪れてみたいです。

  8. 返信
    つぼ 19/02/2005

    TB、ありがとうございました。こうした無料のライブが開催されるとは、アメリカならではですね。
    バレンタイン・デー・ライブ。ミュージシャン、お客さん、そして主催者の方々は、どんなLOVEを感じたのでしょうね。
    来年は日本からもミュージシャンが参加するといいなあ。

  9. 返信
    andamar 20/02/2005

    TBどうもです^^
    >これまでの自分のアメリカ生活中でも最高に素晴らしい瞬間の一つになった
    しびれるコンサートってそうあるもんじゃない。
    よかったですね~♪
    Jaenというスペインの片田舎のフェスティバルでPeter Erskin(Dr.)のユニットがPlayしてくれて、えとたしか97年。それが人生最高の夜でした。WetherReportのころから好きだったけど、神です。奥さん日本人だそうで、けっこう仲良くなりました。神と? WOW!

  10. 返信
    Radical Imagination 20/02/2005

    麻心(鎌倉長谷)でのアラブ音楽ライヴ

    ※「ル・クラブ・バシュラフ」メンバー。左から竹間ジュンさん(ナイ・レク)、松田

  11. 返信
    sushi 21/02/2005

      kyoqueさんへ ウードって、あの独特な音色が大好きです。 京都のイメージはアメリカでいうとボストンですね・・・、しいて言うならばシカゴは大阪でしょうか。 
     slowcdさんへ 今回のアーティストは、砂漠の彼方から流れてくるような静かだけれど力強い声で、いまだに耳に残っています。 これからもよろしくお願いします。
      かえるさんへ コメントありがとうございます。 シカゴは音楽関係のイベントには本当に恵まれていますよ。
      tokunagaさんへ アメリカってビジネスがらみの話しが多いですが、意外に無料のイベントも多いのです。 ボランティアや企業からの社会貢献が盛んという点は、無料イベントに参加する側からしては本当にありがたいですね。 シカゴへもぜひ遊びに来てくださいね。
      つぼさんへ 会場はなんとも言えない雰囲気に包まれていましたよ。 昨今の不安定な時代だからこそ、国境を越えた「LOVE」の思いがアーティストと観客の間でうまく調和したのでしょうね。 
     andamarさんへ >スペインの片田舎のフェスティバルで・・・。 そういうの良いですねえ。 あとあとまで記憶に残るというか、むしろ後になって思い出が熟成されるというようなコンサート。 自分も昨夜のイベントを何年かして思い出すのでしょうか・・・。
     
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA