Blog Archives

2階建鉄道メトラで快適なシカゴの旅をの巻

metra.jpg 以前に住んでいた、シカゴのサウスサイドにある家へダウンタウンから帰るには、いくつかのルートがあるのだが、通称「L」ことループやバスを利用するとなると、これはもう世界に名立たる超危険地帯を毎朝毎夕走り抜けていくことになる。 しかしこの2階建て電車メトラを利用すれば、なんとかそういう危険な地域を通らず安全に家まで辿り着けた。 
 車内には意外に快適なクッションの座席と、食堂車まで備わっており、夕刻の帰宅時には、そこでビール片手にほっと一息つきながら談笑している人達の姿も見られる。 ただし欠点は、走るスピードがその巨大な姿に合い相応しくかなーりのんびりとしたものであるということ。 2週間も毎日乗り続けていれば、なんと意味不明の急停止を2~3分した後で、別段何事もなかったかのように走り出すこともあるのだが、そこはイライラしたり、不安になったりせずに、周りのシカゴアン同様にシカゴ・トリビューンや、ジョン・グリシャムのベストセラーなどを広げて、気になる気持ちをぐっと抑えつつ、盗み目だけで我慢して平静を装っていたいところ。
 基本的にシカゴの人々は朝が非常に早いので、6時半から7時半前後が朝のラッシュ。 それに比して帰宅も早く、5時から6時にはピークを迎える。 冬場などは朝夕ともに冷たい風が吹き抜ける暗いうちからの活動であり、夏場はサマータイムを活かして仕事後に家族とのんびり。 そんなシカゴアンの日常的な通勤姿を快適に疑似体験してみるには便利かも知れません。 もちろん郊外へ足を伸ばしてみたい方にも強い見方になってくれるはずです。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
 *メトラの路線マップはここを参照