Blog Archives

野生の王国シカゴの巻

footprint.jpg シカゴはこれだけの大都会なのにも関わらず、さすがはアメリカらしいというか、ほんの1、2時間も高速道路を走ればあたり一面が見渡す限りの大平原というような光景が広がっている。 そういうわけで日本とは違って、人間が住んでいるすぐ近くにもかなりの種類の野生動物が住んでいる。 もちろんアラスカやコロラドに比べれば、その種類や数はけっして多いとはいえないが、日本人を新鮮な驚きで包むには十分なものだろう。
 ニュースを見ていて知ったのだが、寒さの厳しい冬場などは狼やコヨーテが住宅街にまで紛れ込んでくることもしばしばあるらしい。 ニュース・キャスターは、こちらが危害を加えなければ大丈夫ですと伝えていたが、狼やコヨーテに自宅近くをうろつかれたのでは子供を持っている家庭などは気が気でないであろう。 ちなみに自分などは、そう言われると出没スポットまで出かけていって、野生の狼をこの目で見たくてたまらなくなったのだが、そういう野次馬根性は野生動物の保護にうるさいアメリカ市民から非難を浴びそうなのでやめておく・・・。
 シカゴ近郊で見られる野生動物には身近なところで、リス、うさぎ、キツネ、たぬき、プレーリードッグ、ウッドチャック、あなぐま、スカンク、シカなどがいる。 これらは普段生活しているだけでも、日本では考えられない事だが結構出会う機会の多い動物である。 特にスカンクなどは姿を見かけなくとも、交通事故にでもあったのであろうか、2,3日間あの強烈な臭いが道路脇に漂っていることなどもある。 珍しいところでは、上述の狼やコヨーテ、クマ、ビーバー、ムースなんかがいる。 でもこれらの動物は、さすがによほど人家を離れた所か、冬場の餌不足などの特別な理由がなければ見ることはできない。 他に日本人の目を引く野鳥として、七面鳥、カージナル(赤い鳥)、大きな雁などは、民家の周りでちょくちょく見かける。
 自分もアメリカで住みだした当初は、アパートの裏庭にリスが走り回っているのを見かけただけで大感動していたものだが、今ではそういう野生動物と共存できる環境が当たり前になるべきなのであって、日本では野良犬や野良猫くらいしか見かけられないのが残念な気持ちでいっぱいである。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
 *アメリカ大陸を横断していた時に、アラバマ(たしか)のハイウェイで道路に人が倒れているのを発見した!・・・、と思ったらクマが轢かれて倒れていたこともあった。