Blog Archives

ノースウェスタン大学はノースウェスト航空じゃあないぞの巻

northwestern.jpg シカゴにはコミュニティカレッジも入れて数えるとすると、シカゴアンに尋ねてもいくつあるのかわからないくらい大学と名の付くものがあるが、今回紹介するノースウェスタン大学はシカゴに限らず中西部を代表する名門校である。 
 1855年2学部学生10名でノースウェスタン大学はスタートし、現在ではエンジニア、マネジメント、コミュニケーション、IT関連、法律などの部門では規模、質ともに全米でもトップレベル。 その中でもマーケティングは世界的権威フィリップ・コトラーの業績もあって、ビジネスウィーク誌が行うランキングでも常に上位に選出される世界でもトップレベルの評価。 
 そういうこともあってか日本人MBAの方々も比較的多く在籍されているようだが、日本でのこの大学の知名度というものはまだまだ「えっ、ノースウェスタン!?。 ああ、ノースウェストなら俺も利用したことがあるよ。」って感じではないだろうか。 シカゴでは知らない人はいないほど有名で、その研究レベルの高さももちろんだが、なによりも静かなミシガン湖畔の閑静なエバンストンの街に位置し、新旧ブレンドされた姿がなんとも美しい大学なのだけど・・・。
 そういうわけで大学とはいっても、観光客の方がシカゴからふらっとこのエバンストンを訪れた際にも、ほんの少しの時間を割く価値は十分にある。 基本的に半日もあれば十分に楽しむことが出来ますが、この大学に在籍するMさんのお勧めの一つは図書館。 博物館The Rockなどの見所もなかなか興味深いですが、渡り廊下を隔ててその両側でまったくの別空間をイメージさせる新旧の図書館は非常に印象深いものがあります。 
 古いほうの図書館は、館内の至る所に配置される動物や花を模った木の彫刻が印象的で、勉学に勤しむ学生や職員達の上に射すステンドグラス越しの夕日が、なんともいえないノスタルジックな空気を演出。 またその高い天井や心持暗めのライティングのせいもあってか、音のない音楽とでもいうべき古い教会を訪ねた時のような閉じ込められたサウンドを感じることができます。
 それに対してMさんがいうところの60~70年代風な新図書館の方は、内部にエスカレーターまであり、メインフロアー入ってすぐのところに並ぶパソコンや、蛍光灯が強く刺す一段下がった円形の勉強室を中心に蜂の巣のように広がるユニークなデザインの館内風景など、これまた一度目にしたら忘れられない光景。 窓から眺める湖の姿を目にしながらここで改めて気が付くのは、旧図書館でもラップトップ使用者の姿があったにも関わらず、それはまるで学術書を開いていたかのように錯覚していたという事実。
 ノースウェスタン大学のある可愛い街エバンストンに関しては、また改めて紹介したいと思います。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
 
  
*ダウンタウンからエバンストンへは、ループ(L)のレッドラインで終点のHoward駅まで行き、そこからパープルラインに乗り換えてDavis駅下車、約1時間。
*ノースウェスタン大学にはダウンタウン校もあり、実はこちらの方が知り合いは多いのだが、観光客として訪れるならエバンストン校が楽しいです。