Blog Archives

シカゴの空から降ってくる物の巻

building.jpg シカゴは摩天楼発祥の地であり、ダウンタウンへ行けばビルの谷間に差し込む日の光が少ないために昼間でもちょっと暗めのイメージすら受ける。 そんなシカゴの高層ビルは、遠くから眺めるには非常に美しいシルエットを見せてくれるのだが、冬の間には街を吹きぬける湖からの風と、体感温度マイナス40度以下という厳しい寒さのせいで、こんな恐ろしい現象を生み出すこともある。
 ある日ダウンタウンを歩いていた時のことである。 何やら空から降ってきた、そしてそれは地面にぶつかって砕けた。 ガラスが砕けるときとは違って、砕けた破片が煌きながらスローモーションのようにひらひらと辺りを漂う光景が綺麗であった。 
 
 「あれっ、何だろう?」、その煌きながら漂う破片を眺めていたのだが、同時に危険を察知して目は自然に空の方を眺める。 この間、実際にはおそらく約1秒以内。 もちろんこういった時の常として、その約1秒間は非常にゆっくりと進んだ。 そして空を見た自分の目は、点になってある物体を捕らえた。 
 「おっ・・・」。
 信じられない光景だった。 ひらひらと紙吹雪が舞っているような中に、4、5個の半畳分ほどの大きさの氷の板が混じっていたのだ! しかもそれは多少ふらふらとしてはいるものの、一直線に自分の頭上めがけて突撃を開始していた。 
 「なんとかしなければ!」。 そうはわかっているものの、身を隠す場所は周りにない。 強いて挙げるとすれば、約15m先のビルの入り口である。 しかし、どう考えてもそこまで辿り着くのに十分な時間が残されているとは思えなかった。
 この時点で頭の中はパニックだった。 ろくに考えることもできず、良いのか悪いのかはわからないままにビルの壁面に張り付くようにして身を隠そうと頑張った。 そして、約0.5秒後・・・。 氷の神風特攻隊は、自分が恐れていたほど近くにではなく、約3~10m先に落ちて砕けた。 ただ今度のものは砕けてひらひらと舞うというものではなく、まさにガッシャーン!といった感じだったが。
 これがまともに人に突き刺さったらと思うと。 ビルの高さが高さだけに、上層部で降り積もった雪が凍りつき、それが溶け出して落ちる時の威力といったら。 みなさんもシカゴの冬にダウンタウンを訪ねる機会があれば、ぜひ上空には注意をして欲しい。 あまりうれしくないプレゼントが降ってくることもあり得ますので・・・。 
 ちなみに小さな破片が落ちてくる光景には、少なからず出会っている。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif