アイリッシュの多いシカゴでの巻 その1

ゲール・フォース~アイリッシュ・ミュージック・フェスティバル~ アメリカでは3月17日にやって来る、アイリッシュのお祝いセントパトリックスデーに備えて街中が緑色一色になりつつある。 セントパトリックスデーについては、シカゴは全米でも最もアイリッシュが多い街*ともいわれるだけあって、今週末(3月12,13日)にかなり大掛かりなパレードが開催されますので、改めてそのリポートにあわせて報告させていただくこととして、今回はアイリッシュについて書いてみようと思う。
 アイリッシュと聞いて何を思い浮かべるだろうか? 歴史好きならジャガイモ飢饉や移民? 民族カラーにうるさいなら喧嘩っ早くて、酒飲みで、大法螺吹きで、ケチで、不潔で、赤毛の警察官のイメージ? 呑み助ならアイリッシュ・パブ、ギネスビール、アイリッシュ・ウイスキー? 文学や音楽通ならイェイツ、ジョン・フォード、エンヤ、U2、穴場でビートルズ? 政治に詳しいならIRAやケネディー、レーガン、クリントン? 他にもまだまだあるだろうが、総人口たったの400~500万人の小さな島国の人達にしては信じられないくらいの活躍ぶりではないか。 
 その悲劇の歴史と流浪の民族ぶりに加えて、世界中で活躍する人材達から自分の中では、イスラエルとユダヤ人の関係とだぶるこのアイルランドとアイリッシュ達。 では彼らは何処からやってきて、どのようにして現在のように強いアイデンティティを持つ民族になったのだろうか? 
 あまりに細かく説明すると非常に長くなってしまうので、掻い摘んで説明する。 ①アイリッシュの祖先であるケルト人達は中欧を中心としてBC500-50年頃までケルト文化を築いて栄えた。 ②BC200-100にローマ帝国の侵略、それに続くゲルマン民族大移動に押し出されるようにヨーロッパ最西端へ。 ③クロムウェルの圧制など、800年間ものイギリスによる半統治により英語化が進む。 ④16世紀に伝わったジャガイモのおかげで、1760年の総人口150万人が1840年には900万人に。 ⑤1845年-49年のジャガイモ飢饉により、100万人が餓死、200万人が新大陸へ渡る。 以上がアイリッシュのヨーロッパでの簡単な歴史である。
 苦難の末に新大陸へ渡ってきたアイリッシュ達の総数は、なんと今では本国を凌ぐ700万人、そしてその直系を祖先として自らをアイリッシュと名乗る子孫達の数は現在では総数4000万人以上。 そういうわけでアイルランドの道を往く人に尋ねると、誰もが揃って「アメリカに親戚の1つや2つは持っているよ」と答える状態だとか。
  自分の愛読する司馬遼太郎の本の中に、「虐殺と流刑をまぬがれたアイルランド人を生きのびさせたのは神への信仰とじゃがいもだった」という言葉がある。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
 *アメリカは移民の国だけあって、自称~系がデータによってかなりばらつくのが普通だが、今月に入ってから自分の周りでもにわかにアイリッシュが増えているような気が・・・。(笑)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

12 Comments

  1. 返信
    ネコサソリ 11/03/2005

    トラックバックありがとうございます。
    ところで、ビートルズはUKからのバンドで、アイリッシュではありません。それにずっとカトリックな国なので、人口が世界中に広まり多いのは驚くべき事ではないと思います…未だにEUのなかでは出産率は一番アイルランドが高いです。
    ダブリン在住なので、社会問題が特に目立つせいか私はあいにくあまりアイリッシュは好ましくないです。残念です。

  2. 返信
    Masa 11/03/2005

    自称アイルランド系日本人のMasaです。アイルランド、U2になぜこんなにsynpathyを感じるんだろう。アイルランドの魂にふれたU2の歌詞には本当にオいつも心揺さぶられます。
    週末のセントパトリックスデーが待ちきれません。雪景色のシカゴのこの風景に緑一色かあ。いいなあ。
    アイリッシュの多いシカゴでの巻 その2も待ちきれませーん。

  3. 返信
    nogu_tan 12/03/2005

    こんにちは!アイルランド特集面白かったですっ。
    いやぁ~全然知らないことばかりでしたぁ。
    アイルランドがさらに身近になった感じですっ!
    > アメリカでは今週末にやって来る、アイリッシュのお祝いセントパトリックスデー
    とありますが、アメリカでは3月17日ではないのですか?
    ドイツでは同じ日にアイリッシュパブで”お騒ぎ”があるそうです♪
    週末の方が思う存分楽しめるからなのでしょうかね?

  4. 返信
    TAMA 12/03/2005

    こんにちは!私もセント・パトリクス・デーの記事を書くつもりなのですが、とても簡潔でわかりやすいアイリッシュの歴史、是非トラバさせてくださいね。
    子どもたちの学校でもバックグラウンドを聞くと圧倒的にアイリッシュ系が多いらしいです。地域的にはゲルマン系が多い、とされている土地柄なのですけどね。
    ケルト系のダンスや音楽は大好きです。

  5. 返信
    sushi 12/03/2005

     ネコサソリさんへ、 「>ビートルズはUKからのバンドで・・・。」 その通りですね。 確かにUKからのバンドという表現をすれば、彼らは”ブリティッシュ・バンド”なのですが、彼らの故郷リバプールは良く知られたUKの中のアイリッシュタウンで、ビートルズメンバー4人の内3人はアイリッシュ・ブリティッシュなのです。 ダブリン在住でアイリッシュが好ましくないという言葉に、現地に住む人の貴重な思いを知る思いがします。 これからもよろしくお願いします。
     Masaさんへ、 自分の中でもMasaさんは「自称アイルランド系日本人」のイメージが出来つつあります。(笑) そういえば3月だというのに、シカゴはまだ雪が降ってますねえ。 今週末のシカゴは、白と緑でまさにアイリッシュカラー一色!?
      nogu_tanさんへ、 「>アメリカでは3月17日ではないのですか?」。 あっ、説明不足でしたね。 nogu_tanの指摘どおりにセントパトリックスデーは来週の木曜日3月17日なのですが、お祭り騒ぎやパレードは今週末なのです。 だってこの日は、”にわかアイリッシュ系”にとっては、飲んで飲んで大騒ぎする日ですから、休み前の方が・・・。 アメリカ人って祝い事さえ、合理的? (誤解を招くといけないので、後で書き方を訂正しておきます。)
     TAMAさんへ、 アメリカ人の~系ほどあてにならんものはないですよね。 だって100%同一~系の家系なんて、アメリカではよほどの新参者以外はすでにあり得ないですし。 北米・南米ひっくるめて、新大陸においてはみなさん都合にあわせて統計データがころころ変わりそうです。 有名どころでは、遺伝学的にアメリカ合衆国で第1の~系はドイツ系のなですが、第1次、第2次世界大戦中はイギリス系が一気に増加したらしいですから。

  6. 返信
    Missy 12/03/2005

    アイルランドよりこんにちはー!
    私のイメージする『アイルランド』・・・
    アイリッシュパブとアイリッシュミュージックにダンス!
    何百年もの間、虐げられ、ダンスや音楽を禁じられ、それでも受け継がれた文化。何だかブルースと似たような物悲しさがあり、ギネス片手に音楽を聞いていると涙がこぼれます。(←ただの酔っ払い、泣き上戸なだけやったりして・・・苦笑)
    でも、今のダブリン(首都)は変わってしまいました。(悲)
    90年代後半からの経済成長で、街も人も、司馬遼太郎さんが書いたアイルランドではなくなったんです・・・。
    都会化していくダブリン・・・。せつない・・・。

  7. 返信
    金城めぐみ 12/03/2005

    ぜひともお願いしたいのですが。
    語学テキスト作成をお願いしたいのですが、お忙しいでしょうか。

  8. 返信
    TAMA 14/03/2005

    シマウマさんちだけ何度やってもトラバが入りません。
    こちら↓
    http://sky.ap.teacup.com/loveland/422.html
    の記事に入れたかったんですけども。。。

  9. 返信
    sushi 14/03/2005

      Missyさんへ、 「都会化していくダブリン・・・」。 ネコサソリさんからのコメントにもありましたが、やはりダブリンの変貌振りは相当なんでしょうねえ。 現地からの声は、また違うものがあります。
      金城めぐみさんへ、 面白そうな企画ではあるのですが、どういったことか良くわからないので、メールでも頂ければ検討します。
     TAMAさんへ、 せっかくトラバしてもらったのに、残念! 自分はトラバ大歓迎派ですので。(笑) これにくじけず、またどんな記事でも送ってください。

  10. 返信

    ついにU2来日!!

    そういえば書き忘れていたんですが
    俺の大好きなU2が来日しちゃうよ
     
    現在世界で最もビッグで重要なバンド
     
     
    U…

  11. 返信

    ついにU2来日!!

    そういえば書き忘れていたんですが
    俺の大好きなU2が来日しちゃうよ
     
    現在世界で最もビッグで重要なバンド
     
     
    U…

  12. 返信

    ついにU2来日!!

    そういえば書き忘れていたんですが
    俺の大好きなU2が来日しちゃうよ
     
    現在世界で最もビッグで重要なバンド
     
     
    U…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA