Blog Archives

シカゴ美術館を無料での巻 その1

art-institute1.jpg シカゴ美術館(アート・インスティチュート・オブ・シカゴ)である。 シカゴへ来られる方なら訪れなければ、まず絶対に後で公開する観光名所と言ってもよい。 ここまで強引に言い切ってしまうこのシカゴ美術館は、アメリカ国内ではメトロポリタン美術館、ボストン美術館と並び3大美術館と称され、質・量ともに訪問者を圧倒させるものがある。
 シカゴ近郊に住んでおられる方や、シカゴへ観光旅行へ来られる方は、まずこの美術館についての知識はガイドブックなどを通してご存知だろうから、改めて当ブログで記事にするほどのことでもないのだが、一応シカゴ発信ブログとして簡単に紹介させていただく。
 まず時間が無い人は、必ずガイドブックなどを通して見たい作品の目処をつけておくべきである。 何しろ館内は広く、収容作品数も半端ではないので、1日がかりでも全てを見て廻ることは難しい。 もちろん駆け足でただ通り過ぎるだけなら可能かもしれないが、そんなことをしたのでは後になって何を見たのやらまったく覚えていないということにもなりかねない。 そして訪れるならなんといっても火曜日が狙い目である。 以前はシカゴ市内の美術館や博物館関係は、日替わりで無料の日が設定されていたのだが、これを止めるところが増える中、このシカゴ美術館は未だ火曜日無料を実施してくれているのだ。 そういうわけで観光客の方で火曜日に予定を入れていない方は、ぜひこの日に!
 これだけは話しのタネに見ておいた方が良いと思われる有名どころとしては、「グランド・ジャッド島の日曜日の午後:スーラ」、「サーカスの2人娘:ルノアール」、「パリ、雨の日:カイユボット」、「アメリカン・ゴシック:ウッド」、「アメリカの窓:シャガール」などがある。
 個人的にはシカゴへ来る前から大好きで、いつかは実物を見てみたいと願っていた作品に「ナイトホークス:ホッパー」がある。 人生とは妙な縁があるもので、この大好きな作品の作者であるホッパーの研究家であり友人として知られる教授が、実は奥さんの叔母だと知った時には正直驚きを隠せなかった。 この作品については残念ながら現在貸し出し中で、シカゴ美術館では観ることができないのだが、作品が帰ってくるタイミングに合わせて、彼女からそれこそ山のように聞かせていただいたホッパーに関する話しのいくつかを記事にしたいと思う。 
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*111 South Michigan Avenue
Chicago, Illinois 60603
(312) 443-3600
月火水金10:30–4:30、木10:30–8:00、土日10:00–5:00
大人$12、子供、学生、65歳以上$7、5歳以下無料
*火曜日は無料!
*中西部在住歴の長いぱんださんから寄せられた情報によりますと、「確かファミリ−会員75ドル?ぐらい払うと年間入場料はただで、ギフトショップも1割引き。しかも全米の主だった美術館の入場もただになる、というもの。複数のメンバーシップカード(ファミリーだと)もらえて、日本からのお客人などが来ても便利だし、元もとれるので。。」とのことです。 シカゴ近郊にお住まいの方で、シカゴ美術館ファンの方にはかなり良い方法かと思います。