Blog Archives

シカゴ機甲警官隊始動の巻

chicago-cop.jpg 1980年代の後半から徐々に進められてきた、シカゴ警察の特殊部隊への機甲化がついにこの晩冬に次の段階へと突入しつつあるようだ。 
 ご存知のようにシカゴの治安の悪さというものは、世界にその名を知られるところである。 しかも他のアメリカの各都市とは違って碁盤の目のように整然と並んだ街並みでありながらも、超高層ビルと広大な湖や街中を貫く川が、犯罪者への多様性に富んだ逃走ルートを提供することにもなっていた。 そこでシカゴ警察が装備した最新型の装備とは・・・。
 犯人が例えビルの上層階へ駆け登ってヘリで逃走を試みようと、例えミシガン湖からスピードボートを利用して地上の追跡を振り切ろうと試みようと、新たに配属された通称495部隊ことシカゴ機甲警官隊は彼らの逃走を決して許しはしない。 
 
 ここはドイツ系の多いシカゴの街である。 かつてヨーロッパ大陸を震撼させたドイツ機甲師団に勝るとも劣らぬ、最新装備の超小型ジェット推進マシン装着空飛ぶ機甲警官が、彼らを空であれ湖の上であれどこまでも追跡することになる。 そしてその彼らの一糸乱れぬ統率力の前には、現代のアル・カポネですら根を上げてしまうであろうことは想像に難くはない。
 以前にも当ブログで紹介したように、ここは現代のゴッサム・シティ「シカゴ」なのである。 凶悪犯に対抗する手段としてこれだけの装備を備えた警官隊は、SFの世界を除いてはまだこの街以外には存在しないであろう。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
  
*新ブログ始めました。
TukTuk Race… ~アジアな時間~