Blog Archives

電柱にだって個性はあるの巻

lightpole.jpg 郊外を走っているとよく見かける、道路脇ににょっきりと建つ日本の物の2.5倍はあろうかという背の高い電柱。 
 実はこれが良く見ると、なんとも立派な一本木なのである。 その高さもさることながら、天に向かって真っ直ぐに一直線に伸びたその姿には感動すら憶える。 
 傍へよって観察すると、日本でよく見かけるような柱から突き出た長さ20-30センチほどの足場がついていない上にすべすべの木肌。 こうなると修理の時などは、専用のクレーン車でも使うしかないのだろうと思っていたら、田舎ではなんと樵がよくやるように、一本の縄だけを使ってすいすいと上まで登って直すのだという。 
 本当だろうか? 本当ならぜひ一度拝見したいと願っている。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*姉妹ブログ
TukTuk Race… ~アジアな時間~外人ガールサバイバル日記 in Japan