スウィディッシュ・ベーカリーの巻

swedish-bakery.jpg シカゴ近辺はアメリカでも北方に位置するために、北欧系の移民たちが多く住む街が存在する。 例えば以前に当ブログで紹介したロックフォードなどは、スウェーデン系移民が多い町として知られているし、そこからハイウェイを30~40分ほど北へ向かったマディソンなどはノルウェイ系移民が多い町として知られている。
 そしてシカゴ市内にある北欧系の移民達が住む町が、ノースサイドにあるクラーク・ストリートを、ダウンタウンからバスで50分ほど北へ向かったところにあるスウィディッシュ・タウンである。 もちろんその名の通りにスウェーデン系の人々が多く住むところで、いたるところにスウェーデンの国旗や、スウェーデンからの輸入雑貨を売る小さなお店が並んでいる。
 そんな町にあるスウィディッシュ・ベーカリーは、いつ行っても地元の北欧系の顔立ちをした人達で混雑する小さなベーカリーだ。 店内の飾りつけもほとんどそれらしいものは無いといっても良いほどにシンプルで、焼きたてのパンやケーキも素朴そのものといった感じ。 値段の方もダウンタウンのベーカリーに比べると、半額ほどの値がついているものばかり。 ただ北欧系のベーカリー特有の、こってりと濃厚なバターやクリームの味や香りがするので、そういったのが苦手な方や、ダイエット中の方には余り向かないかもしれない。
 シカゴに点在するマイノリティの町の中でも、このスウィディッシュ・タウンはアクセス、清潔感ともにかなり良いところなので、観光客の人達でも気軽に北欧系アメリカンの雰囲気を味わえる場所だ。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
Swedish Bakery
5348 N. Clark St.
773-561-8919
Hours: 6:30 a.m.-6:30 p.m. Monday through Thursday, 6:30 a.m.-8 p.m. Friday, 6:30 a.m.-5 p.m. Saturday; closed Sunday
$:各1~3ドル

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    kawahara 17/04/2005

    北欧系のパン大好きです。
    http://www.andersen.co.jp/index.html
    日本でも「アンデルセン」というチェーン店がありますが、現地のはアンデルセン等「北欧風」が売りの所に比べて素朴かつ、バター、糖分高めでした。
    太って帰ってきたのは言うまでもない・・・・(笑)
    おいしかったんですもん!!!
    スカンジナヴィア航空は「暖かい」パンが食べ放題です。

  2. 返信
    sushi 18/04/2005

     kawaharaさんへ
     現地のパンは、日本の物とはまったく別物ですね。。。
    どちらもおいしいですけど、本場物は絶対に食べすぎ注意って感じですね。(苦笑)
     おいしいパンって、おいしいご飯と一緒で、ついつい・・・。

  3. 返信

    スウェーデン 最新リサイクル事情

    さてこの写真は何をしているところでしょうか?スウェーデンのスーパーではごく普通に…

  4. 返信

    イブラヒモビッチがハットトリック!

    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(23)。 現在ユベントスで活躍中です。 2005年4月17日(日)、セリエA第31節ユベントス×レッチェの試合が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA