Blog Archives

ブリザードのハイウェイの巻

blizzard.jpg さすがは大陸性気候バリバリの中西部シカゴ、つい先日までは30度に達するかという強烈な日差しが照りつけていたかと思ったら、またまた0度付近の寒風が吹き付ける街へ逆戻り。 そういうわけで、今回はこの冬のハイウェイで撮影していた写真を紹介。
 写真を紹介とはいっても、ノルマンディー上陸作戦時のキャパの写真並みにブレブレなのだけれど、それもそのはずハイウェイを走っている時に突然襲い掛かる、5m先が見えるのがやっとという猛烈なブリザードでも、アメリカ人は決してスピードを落とすことなく120kmくらいでぶっ飛ばしているのだから。 ただこういう時にハンドルを握る汗まみれの手がガクガクと震えて、なおかつ食い入るようにフロントガラスに額をつき合わしても先が見えない状態だからといって、スピードを自分だけ落とそうものなら、それこそ後ろから無意味に大きい図体のSUVが、猛スピードで突進してくることにもなりかねないというもの。 そしてそういう無謀な運転をするとどうなるかというと・・・、こういう日は必ず何処かで道路脇に激突した残骸が見受けられる。
 いわゆるゲルマン系が多いとされるこの中西部ですらこれなのだから、アングロサクソン系のメッカ東海岸にあるリッチモンドで暮らしていた時に出会った、サンダーストーム時の狂人ドライブぶりはそれはそれは凄まじいものがあった。 そしてこの猛突ぶりは、ハイウェイ上だけではなく、一般生活や仕事で貯めた預貯金を、ズバンと惜しげもなく株や新規の投資へ注ぎ込んでしまうといったことにも現れている。 まったくこのアメリカ人の先行き不安な状態での猛突ぶりには、日本人の感覚ではついていけないものがある。
 観光客の方でレンタカーでのドライブ等を計画している方などは、春先でも十分に天気予報に注意して、中西部特有の気まぐれな冬逆戻り現象にはくれぐれも気をつけた方がよい。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
  
*姉妹ブログ
TukTuk Race… ~アジアな時間~外人ガールサバイバル日記 in Japan