Blog Archives

ホワイトソックスと2人の日本人の巻

takatsu.jpg 野茂がドジャースで大活躍して以来、それに続く伊良部佐々木など、メジャーでも十分に通用するピッチャーがたくさん日本にもいることは証明された。 さらにはイチローという稀代の天才打者が野球王国から、ベースボール帝国のメジャーに現れて、アメリカ人の間ですら「彼なら記録を破って当然」とまで言われるほどの実力ぶりを発揮している。 そして遅ればせながら、ここシカゴにも日本人旋風が巻き起こりつつある。
 シカゴには2つのメジャー球団がある。 一つは当ブログでも度々登場しているノースサイドに人気基盤を持つシカゴ・カブス。 そしてもう一つはサウスサイドに人気基盤を持つシカゴ・ホワイトソックスである。 どちらのチームも古豪の名門として知られ、同じ街に在籍していることから何かとライバル関係にあるのだが、去年ボストン・レッドソックスがワールドチャンピオンになってしまった為に、チャンピオンから100年も遠ざかっている2つのチームという不名誉な記録でも仲良く競い合っている状態だ。
 このホワイトソックスはセントポールにあったセインツが、1901年にボストン・レッドストッキングスに対抗して選手が着用する、真っ白な目立つ靴下からホワイト・ストッキングスとなり、そこからシカゴ・ホワイトソックスと変名してア・リーグ誕生時から参加。 今からちょうど100年前の06年には、シカゴ・カブスとの頂上決戦を制してワールドチャンピオンに。 17年に再度ワールドチャンピオンとなるも、19年のワールドシリーズで、フィールド・オブ・ドリームスでも知られるブラック・ソックス事件を起こして、シューレス・ジョーことジョー・ジャクソン他8名もの永久追放選手を出す。 その後は長い低迷期に入り現在に至る。 シカゴ・ブルズ(NBA)との掛け持ちジェリー・レインズドルフがオーナーで、サウスサイドにあるUSセルラーフィールドを本拠地としている。
 カブスがソーサの放出やノーマの故障など、ごたごた続きでなかなか勝てないなか、高津(現在6セーブ)と井口(現在打率0.305)という2人の日本人の活躍もあってホワイトソックスの方は、球団史上でも最高のスタートとなる現在7連勝中の通算15勝4敗。 このまま勝ち続けて、シカゴのメジャーチームはワールドシリーズで勝てないというジンクスを破ることができるのか?
 がんばれホワイトソックス&W日本人選手!
photo © AP NEWS
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
  
*ダウンタウンから約15分のレッドラインの35thで下車。 ただし試合がない時や、この駅以降での下車はかなり注意が必要。
U.S. CELLULAR FIELD
333 West 35th Street
Chicago, IL 60616
Phone: (312) 674-1000
*姉妹ブログ
TukTuk Race… ~アジアな時間~外人ガールサバイバル日記 in Japan