ミスター・スポック現るの巻

spock.jpg 日本人のアメリカ生活において、恐るべきものがいくつかある。 ある人にとってそれは、どうみても日本人はこんなものを食べたことも見たこともないであろうまがい物の日本食であったり、電力やケーブル関係の設置工事などで訪れる技術者の、「それは何処で汚してきて、いつから洗ってないんでしょうか?」的な土足での室内への踏み込みであったり、友人がわざわざ焼いて持ってきてくれる砂糖の塊かのような焼きたてケーキまで、数え上げれば切がないほどなのだが、そんな中でもほとんどの人が口を揃えて頭を悩ませる問題がある。 そう、それがアメリカでの散髪なのである。 
 基本的にアメリカ人という言葉から想像される、アングロ系、ゲルマン系、アイルランド系、ラテン系、アフリカン系などの人々は、軽くウェーブがかっているか、もしくはストレートでも糸のように細く軽い髪質を持った人がほとんどである。 それだけに私のような直毛かつ剛毛を持つ、典型的な日本人髪質の人間にとっては、この系統の髪質を扱ったことのない散髪屋や美容師に掛かるよりは、自分や友人で髪を切りあった方がずいぶんとマシな仕上がりになるといったことにすらなる。 
 そういうわけでリッチモンド時代には、私の髪はほとんどの場合において、友人との髪の切り合いギブアンド・テイク関係のおかげでなんとかやり過ごしていた。 ところがシカゴへ移ってきてから、特に今のノースサイドへ住みだしてからは、この近辺に住むゲイ連中のかなりの高い技術に満足しきって、いつも安心して彼らに全てを任せることができていた。 
 ところがである。 つい先日近所にできた散髪屋が、なんと7.95ドルという破格値で営業を開始したものだから、ケチンボ生活学会在籍12年の自分は、つい出来心でいつものゲイ男性を浮気してその店へ入ってしまった。 もちろん、わかりやすいようにモデルとなるヘアスタイルの雑誌も持参していたのだが、何が悪かったのか、出来上がった時点で私の前に掛けられている大きな鏡の中に居座っていたのは、映画「男はつらいよ寅次郎」の渥美清のような顔をしたミスター・スポックだったのである。
 例え仕上がりが気に入らなくとも、これ以上手を加えてもらう勇気がなかった私は素直に店を出て、持参した雑誌がスタートレックのファンブックなどではなかったということを再確認したことはいうまでもない。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
  
*姉妹ブログ
TukTuk Race… ~アジアな時間~外人ガールサバイバル日記 in Japan

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

11 Comments

  1. 返信
    hiromi 29/04/2005

    はじめまして。
    いつも楽しく読んでいます。
    シカゴ近郊に住んでいるのですが
    わたしも散髪に悩まされています。
    ノースサイドのヘアサロンに行きたい!と思っていますが、
    もしよければオススメのサロン(スタッフ)
    を教えていただけますか?

  2. 返信

    もう、これだけは仕方ないですよね。かといって数少ない日本人の美容師さんのところは数多い日本人奥様たちのたまり場的存在で恐ろしくて近づけない。
    ええ、もちろん私も自分で切ってます。オットの髪も…一度酷い目に遭わせてしまったものの、(彼は一週間帽子を手放せなかった)なんとかやってます。子どもたちもまだ家の外で髪を切ったことはありません。
    これだけのために日本行きが待ち遠しい私です。

  3. 返信
    H.O 29/04/2005

    ミスター・カトウではなかったんですね?(笑)
    カナダにも不思議な日本食やら、これはイケる!って味の日本食、それから一口で十分満足なケーキなどなどありよい経験になっています(笑)

  4. 返信

    sushiさん、僕はいつもワシントン近郊のベトナム人の綺麗なお姉さんたちがいっぱいいる床屋に通っています。結構、いいっすよ。
    それから、「Shall we dance?」のハリウッド版に、電車の窓からビルのダンス教室を見上げるシーンがありますよね。日本ならともかく、「あんなにビルと鉄道が近いところは、アメリカにはないんじゃないか」とブログに書いたら、あれはシカゴのシーンだというコメントを沢山いただきました。実際シカゴに、ああいう場所はあるんでしょうか?

  5. 返信
    ういんちる 29/04/2005

    うちの1号もこの前6ドルくらいのところへ連れて行ったら、凄い頭にされて、もうおかしくておかしくて仕方なかったですよ。 すぐに鋏を入れてあげました。 私は日本のスタイリストはバカ高いので、コリアン系に行ってます。やはり帰ってきたら、自分で鋏を入れて、調整しますけどね。

  6. 返信

    ブラック

    こんばんは。
    ブロンド美女との恋愛プロデューサー、タケシです。
    これを読んでいるあなたは日本人ということ
    だけでもうすでに有利な点が一つあります…

  7. 返信
    sushi 02/05/2005

      hiromiさんへ
     いつも読んでくれているようでうれしいです!
     さてノースサイドのヘアカットについてなのですが、確かにたくさん店もありますし、腕のいい人もいるのですが、こればっかりは安易に教えてしまって大失敗ということもあるので、なかなか・・・。(苦笑)
    ご存知のように、それくらいにアメリカでのヘアカットは厳しいですから。
     そういうわけで、とりあえず一度ノースサイドへ遊びに来て、街や店の雰囲気なんかをウィンドウショッピングしながら、自分の目で確かめてみてください。 

  8. 返信
    sushi 02/05/2005

      TAMA@合衆国の片隅さんへ
     はっはっはっ! TAMAさんも自家製ですか!
    私もいま鏡の中の自分を見ながら、これなら自分で切った方が絶対に上手いという確信があります。

  9. 返信
    sushi 02/05/2005

      H.Oさんへ
     この髪型は今までの人生中でも、最悪の部類に入りますね。 っていうか、ダントツの1位で最低カット賞を送りたいです!
     ちなみにシカゴでは、まだこれはっていう日本食屋さんには出会ったことがありません。
    そういうのがあれば、また報告したいと思います。

  10. 返信
    sushi 02/05/2005

      Keicho@ワシントンさんへ
     ベトナム人、それは良いですね。
    自分はケチンボなので、日本人美容師のこっちの相場に対してべらぼうに高いカット料を、どうしても財布から出せません。(それほどお洒落じゃないからという説もあり:笑)
    こんど近くのベトナム人街へも視察に行ってみます。
     Shall we dance?は、確かにシカゴでの撮影ですね。
    シカゴには名物にもなっている、ループことLと呼ばれる高架鉄道があるんです。
    これが街中を縫うように走るんですが、老朽化からもう今にも崩れ落ちそうな音をいつも響かせています。
    (http://wanderphoto.com/blog/archives/2005/01/post_58.html)

  11. 返信
    sushi 02/05/2005

     ういんちるさんへ
     そうですか・・・、やっぱりうぃんちるさん宅も。
    よく日本の美容師で、NYで修行してきたとかいうのを売りにしている人がいますが、あんな言葉もう絶対に騙されないですね。
    だってNYより、日本で修行したほうが、絶対に日本人の髪質を知り尽くした人ですからね。
    それにしても白人の髪質は、どう切っても結構ナチュラルに仕上がることが不思議な今日この頃・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA