ドレイクホテルはザ・ドレイクの巻

drake.jpg 以前に紹介した、シカゴを代表する最高のドライブコースであるレイクショア・ドライブを、北からダウンタウンへ向かって走ってくると、それまでずっと直線だった道路が約90度に急ターンをするカーブがある。 ミシガン湖を目の前にした、そのカーブの先に今回紹介するザ・ドレイクは位置している。 ちなみにドレイクホテルは日本語では「ドレイク」だが、英語では「ザ・ドレイク」と「ザ」がつく。 そうその位にシカゴでは有名な、風格を備えた1920年創業の12階建てホテルなのである。 
 このシカゴを代表するホテルは、あのアル・カポネもお気に入りだったと伝えられ、昭和天皇をはじめ、エリザベス女王や故ダイアナ妃など、世界のVIPが宿泊したことでも知られている。 また有名なホリデー・アワード35年連続受賞レストランのケープコッド・ルームには、ジョー・ディジオ本人が彫ったマリリン・モンローのイニシャルMがある。 それだけに映画の舞台としても度々使われ、ベスト・フレンズ・ウェディング、ミッション・イン・ポッシブル、卒業白書などにも登場している。
 ロビーでは昼間からハープの生演奏が流れ、赤絨毯が敷き詰められた廊下の隅には、新鮮な果物が置いてある。 またエレベーターも、内部に年代を感じさせるソファーが設置してあり、目的の階まで腰掛けて向かえるという優雅さ。 また1階、2階には、レストランをはじめ、ブランド物のショップもあるのだが、ガラスケースの展示すらも独特な雰囲気を醸し出している。
 個人的には少し堅苦しすぎて、泊まるにはそれほど心地良いとは思えないが、レストランで食事くらいはシカゴの思い出に良いかもしれない。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
  
The Drake Hotel
140 East Walton Place
Chicago, Illinois
60611-1501
United States
電話: 1 312 787 2200
ファクス: 1 312 787 1431
*姉妹ブログ
TukTuk Race… ~アジアな時間~外人ガールサバイバル日記 in Japan

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA