ファーム動物園で動物達とふれあいの巻

farm-zoo.jpg さてさて、またまたリンカーンパーク動物園である。 もしリンカーンパーク動物園の日本人入場者数が増えた暁には、自分もゴリラのフィギアでも贈呈されてもよいのではないのか、と思われるほどに繰り返し当ブログで宣伝してきたが、それほどに自分はこの動物園が大好きなのである。
 もちろん散歩がてらに歩いて10分ほどの近所にあるということや、入場無料であるということも大きな理由だが、それ以上にこれだけ通いつめてくると、動物達とも勝手にお友達な気分になってくるというものである。 いつも元気な顔を見せてくれる白くまや、クモザルが見当たらないと、それだけで風邪でもひいたんじゃないんだろうかって感じで心配にすらなってくるほどだ。
 そのリンカーンパーク動物園なのだが、実はメインの動物園に付属する形で、これまた入園料無料ファーム動物園というものが隣接してある。 この動物園では、主に中西部一帯で家畜として育てられている動物達、牛、馬、豚、ロバ、うさぎなんかが園内に飼われているのだが、子供達向けに動物と直に接することができる場所や、人と家畜との関わりをモニターや、実物の巨大な中西部向けトラクターなどを通して学べる施設、乳牛の乳搾り実演コーナーまで揃えてある。  
 メインの動物園のように、檻の中にいる動物達を柵やガラス越しに眺めるのではなく、彼らと直接触れ合える場所という意味で非常に面白い場所だ。 特にウォルマートなんかのショッピング・モールで、切り身のパッキングされた肉しか知らない都会暮らしのシカゴアンな子供達にとっては、いかに農家の人達が愛情と情熱を込めて農業を発展させてきたのかということを、遊びながら学べる施設という意味でも、さすがはアメリカらしいデザインだと感心させられる。
 お子様連れでリンカーンパーク動物園を訪れる方は、ぜひこのファーム動物園も行ってみてください。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
Lincoln Park Zoo
2200 N. Cannon Drive
312-742-2000
Hours: April 1-Oct. 31: 9 a.m.-6 p.m. (grounds); 10 a.m.-5 p.m. (buildings and farm)
Nov. 1-Mar. 31: 9 a.m.-5 p.m. (grounds); 10 a.m.-4:30 p.m. (buildings and farm)
Extended summer hours:
Saturdays, Sundays and holidays from Memorial Day-Labor Day: 9 a.m.- 7 p.m. (grounds); 9 a.m.-6:30 p.m. (buildings and farm)
Fax: 312-742-2137
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

One Comment

  1. 返信

    【暮らし・生活】についてはこちら

    皆さんは普段どんな生活をされているんでしょうか。
    日々の生活での何気ない発見。
    どんな小さな事でもいいですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA