ハウス・オブ・ブルースでお気軽ブルース

house-blues.jpg フォークブルース、ジャンプブルース、ホワイトブルース、アコースティックブルース、カントリーブルース、エレクトリックブルース、ハーモニカブルース、モダンブルース、ピアノブルース、デルタブルース、スワンプブルース、アーバンブルース、テキサスブルース、ニューオリンズブルース、メンフィスブルース・・・と数あるブルースの中で、シカゴブルースの都シカゴにあって、観光客にも行きやすい場所と雰囲気を持つのが、アメリカでは有名なチェーンレストランのハウス・オブ・ブルースだ。
 シカゴ・リバー沿いに建つ、とうもろこしのような形をした2本1対のシカゴを代表するビルディングの、マリーナシティの1階部分にあるこの店は、一般受けも良いことからもわかるように、ハウス・オブ・ブルースという店名ながらも、実はブルースに限らずオルタネーティブやカントリーから、レゲエやロックなどと幅広い演奏が聴ける。 また月に一回は、全米版のラジオに登場するようなクラスのミュージシャンの無料コンサートが開催されるので、スケジュールは要チェックしたい。
 インテリアやメニューの内容は、ハードロック・カフェやプラネット・ハリウッドのブルース版といってもよい。 そして最近シカゴにも登場したハードロック・カフェ・ホテルと同じように、レストランと同じくハウス・オブ・ブルース・ホテルというものも隣接していることが多い。
 ノースサイドに点在する、地元民やミュージシャン達が仕事が跳ねた後でセッションを重ねるような、ディープなイメージはない代わりに、気軽に行けるといった意味ではお勧めである。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
House of Blues
329 N. Dearborn St.
312-923-2000
Fax: 312-527-3072
Hours: Back Porch Restaurant Hours: Lunch: 11:30 a.m.-5 p.m. Monday through Saturday
Dinner: 5-10 p.m. seven days; Late Night Menu: served until 1 a.m., Sunday through Thursday, until 2 a.m., Friday and Saturday
Gospel Brunch: Seatings at 9:30 a.m. and noon, Sundays
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA