サンタクロースとコカコーラとシカゴとの巻

ssanta-coke2.jpg サンタクロースが生まれてきた経緯については以前紹介したが、今回は、サンタクロースのトレードマークでもある赤と白の服装を彼が着ることになった理由を。
 サンタクロースといえば、プレゼントを子供達に配るちょっと太めで気の良いおじいさんというイメージだが、元々はアメリカ人ならみんなが知ってる、クレメント・ムアーが1822年に書いたクリスマス前夜という詩から始まる。 これを機に、サンタクロース=陽気でちょっと太目のいたずら好きな妖精というイメージの時代がしばらく続くことになる。
 1931年「サタデー・イブニング・ポスト」誌におけるコカコーラ社の広告で、ハッドン・サンドブロムはダーシー・アドバタイジング・エージェンシーのアーチー・リーの広告コンセプトを元に、ルウ・プレンティスという元セールスマンをモデルにして、クレメント・ムアーが創り出した妖精から人間味があるサンタクロースを創り出す。 やがてこのモデルはサンドブロム自身が務めることになり、35年間、150点以上の広告アートを手がけ、現在まで続く赤と白の服を着たサンタクロースのイメージを定着させていくことになる。
 ハッドン・サンドブロムは、1899年スウェーデン系アメリカンの9人兄弟の末っ子として生まれる。 そしてシカゴ・アート・オブ・インスティチュートで学び、チャールス・エベレス・ジョンソン・スタジオでの勤務を経て独立し、ダーシー・アドバタイジング・エージェンシーを通して、コカ・コーラ社の広告を手がけるようになったという経歴の持ち主で、シカゴとは切っても切れない関係なのである。
 アメリカではサンタクロースは北極から来ると言われているが、実はシカゴからだということを知っているシカゴアン少ない。
image © The Coca-Cola Company
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA