Blog Archives

ユニオンステーションに流れる時間の巻

union-station.jpg ユニオンステーションという駅がシカゴにはある。 もちろん日本からやって来る観光客は、ほとんど利用することのない駅かも知れないが、シカゴ市民の足として、また全米を網羅するアムトラック鉄道網の要として、長年愛され続けている駅である。
 全米一の高さを誇るシアーズタワーから、シカゴ川を挟んだ西側に位置し、重厚な石柱が立ち並ぶ概観が目印の、1913-25建造でアメリカに現存する中でも最古の記念碑的なネオクラシカル建築物。 また全米各都市を結ぶアムトラックや、以前に紹介したシカゴ郊外の各区域を結ぶメトラの発着駅として、一日に300車両、10万人以上の稼働力を誇る。
 映画が好きな方ならば、ヒッチコックの北北西に進路をとれに登場する豪華客車トウェンティース・センチュリー・リミテッド(現レイク・ショア・リミテッド)の到着駅や、デ・パルマのアンタッチャブルの銃撃シーンで有名な階段をご存知かもしれない。 
 古き良き時代のアメリカを感じれる駅構内の雰囲気を、ぜひ一度は味わってみてほしい。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
Address: 210 S. Canal Street
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。