ミネアポリスだってシカゴの隣人の巻

minneapolis.jpg ミネアポリスは全米でも最も生活レベルの高い街の一つとして、常にアメリカ人の住みたい街の上位にランクインされる所として有名である。 確かに街は清潔で、それほど都会でもなく、それほど田舎でもないという適度さ。 そして近隣に1万個以上もあるといわれる湖をはじめとした、自然の美しさなどからその理由はうかがい知れる。 もちろん文化や教育レベルに関しても非常に高い。
 見所としては、全米にその名を轟かす、ただやたらと大きいだけのショッピングセンターのモール・オブ・アメリカ、ミシシッピー・リバー唯一の滝といわれるセント・アンソニー滝、巨大野外彫刻が楽しめるミネアポリス彫刻庭園などがある。 またこの街が生んだ有名人としては、ミュージシャンのボブ・ディランプリンスが知られている。
 シカゴよりもさらに北のカナダ国境に位置し、別名アメリカの冷蔵庫とも呼ばれるこの地は、アメリカの中流白人家庭が住むのには最高な場所な感じはするが、やはり日本人が観光地として楽しめるような街ではないのは事実。 そんな中で目をひかれるのは、その究極的な冬の寒さに対するために、外へ出ずともにビルの間を行き来できるようにダウンタウンに網羅されたスカイウェイや、いたるところに表示されている拳銃持込禁止のプレート(ちなみに拳銃保持が認められている為にこの表示があるのであって、治安は全米でもかなり良いとのこと)。
 だだっ広い中西部では、高速道路をぶっ飛ばしても7~8時間はかかるこのミネアポリスも、シカゴアンに言わせれば隣人ということになってしまうらしい。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信

    そんなに有名な町なのですね<ミネアポリス
    実は前回の急な日本行きのときに中継地がココだったのですが、もう私はさっぱりどこにあるかもわからず、日本語オペレーターさんと話している最中に訊いたんです「どの州になりますか?」するとオペレーターさんったら自信たっぷりに「ミネアポリスです。」
    「は?」「ですからミネアポリス州になります」
    「そ、そうですか…」と引き下がった私ですが、しばらくして大慌てでの訂正が入りました(笑)。
    だだっ広い空港ですよね。端から端まで乗り継ぎで大変な目に遭いました。1時間の乗り継ぎだから余裕だと思っていたら歩くだけでトイレにも行けずに終わってしまうほど。今日の記事を読ませていただく感じではこのあたりとも雰囲気が似ているのかな?と感じました。

  2. 返信
    sushi 27/05/2005

     TAMA@合衆国の片隅さんへ
     ミネアポリスは本当に清潔で、街と自然が一体化している感じでした。
    ただし人種的にはパッと目でわかるほどに北欧系主体、冬の厳しさを考えると・・・。
     確かにノースウェストのハブだけあって大きいですよね。
    しかもおっしゃるとおりにだだっ広い。(笑)

  3. 返信
    Kohei 20/08/2005

    エバンストンのあと、ここにも、何か、コメントしたくて、またお邪魔しました。
    この町にも、昔、お客様がいて、良く行きました。
    あの頃(79-83)は、ここの交響楽団は、ネビルマリナーだったし。。。。。
    ここは、シカゴより寒くて、屋外駐車場には、オイルゲージの替わりにいれた、オイルヒータ用のコンセントがあったりして、冬になると車がボンネットからそのプラグを出して走ってると言っても、西海岸のアメリカ人は信じません。。。(笑)

  4. 返信
    sushi 21/08/2005

      Koheiさんへ
     冬のミネソタは行ったことがないのですが、寒さの厳しさは半端じゃあないでしょうね・・・。
    シカゴに住んでいてこんなことを言うのもなんですが、寒さには弱いほうなので、できれば冬のミネソタは遠慮したいです。(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA