Blog Archives

ミネアポリスだってシカゴの隣人の巻

minneapolis.jpg ミネアポリスは全米でも最も生活レベルの高い街の一つとして、常にアメリカ人の住みたい街の上位にランクインされる所として有名である。 確かに街は清潔で、それほど都会でもなく、それほど田舎でもないという適度さ。 そして近隣に1万個以上もあるといわれる湖をはじめとした、自然の美しさなどからその理由はうかがい知れる。 もちろん文化や教育レベルに関しても非常に高い。
 見所としては、全米にその名を轟かす、ただやたらと大きいだけのショッピングセンターのモール・オブ・アメリカ、ミシシッピー・リバー唯一の滝といわれるセント・アンソニー滝、巨大野外彫刻が楽しめるミネアポリス彫刻庭園などがある。 またこの街が生んだ有名人としては、ミュージシャンのボブ・ディランプリンスが知られている。
 シカゴよりもさらに北のカナダ国境に位置し、別名アメリカの冷蔵庫とも呼ばれるこの地は、アメリカの中流白人家庭が住むのには最高な場所な感じはするが、やはり日本人が観光地として楽しめるような街ではないのは事実。 そんな中で目をひかれるのは、その究極的な冬の寒さに対するために、外へ出ずともにビルの間を行き来できるようにダウンタウンに網羅されたスカイウェイや、いたるところに表示されている拳銃持込禁止のプレート(ちなみに拳銃保持が認められている為にこの表示があるのであって、治安は全米でもかなり良いとのこと)。
 だだっ広い中西部では、高速道路をぶっ飛ばしても7~8時間はかかるこのミネアポリスも、シカゴアンに言わせれば隣人ということになってしまうらしい。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。