Blog Archives

アメリカンゴシックと中西部の巻

american-gothic.jpg 以前に紹介したシカゴ観光の目玉とも言えるシカゴ美術館(アート・インスティチュート・オブ・シカゴ)には、アメリカンゴシックという有名な絵がある。 
 1930年にグラント・ウッドの描いたこの絵は、アメリカ人の象徴として引き合いに出されることも多い。 そしてこの絵が醸し出すインプレッションこそが、別名アメリカの故郷:ハートランドと呼ばれる中西部に暮らす人々と、全てのアメリカ人が心の奥底で秘めているアメリカ中心的で、全米選手権=ワールドシリーズ的な心情を見事に教えてくれると言ってもよい。
 シカゴのある中西部という地域は、いうまでもなく地理的にはアメリカ大陸の中心部に位置している。 そしてこの地域で話される中西部英語は、全米のTVや学校教育で使用する教科書の中で、ジェネラル・アメリカン(標準語)となっている。 
 実際に閉鎖的で伝統的な北東部や、商業主義的で実力主義の東部、大時代的で貴族社会的な南部、ラテンの色濃く荒野の広がる南西部、険しい自然と対峙するロッキー山脈部、人種も思想も宗教も雑種雑多の西部などと比べれば、中西部こそはアメリカ人が思い描く、アメリカらしいアメリカがある土地だといえるかもしれない。
 自分もまだアメリカの地を踏む前は、夜な夜なパーティを繰り広げるビーチボーイズや、巨額の資金を一瞬にして操るやり手ビジネスマンといったイメージをこの国に対して持っていた。 しかしあくまでそんなものはアメリカという国の一部の中の一部であって、むしろ日本人を含めた外国人のそれほど踏み込むことのない、何世代も続くアメリカ人だけが住む広大な土地というものは、この中西部へやってきてはじめて知ったような気がする。
 果てしなく続くとうもろこし畑と、数え切れないほどの家畜が草を食む牧草地の間に転々と表れる、どこを訪れても同じような景色をした小さな町。 中心部には必ずといってよいほど、セントラルアベニューとか、メインストリートとかいった名の小さな通りがあり、そこには日本で言うところの「しのぶ~と呼ばれたの~♪」的な飲み屋が数件と、埃をかぶった賞味期限も怪し気な商品が並ぶ小さなグロッサリーストアー、そして町の絆ともいえる教会がある。 
 寡黙と、勤勉と、協調と、親切と、継続を愛する彼らが住むのは、中心部から少し離れた畑の中の、ここにも人の営みがあるのだよと誇示するかのような、こんもりとした木が数本植わった家と、赤塗りのサイロ。 こういった光景が、気の遠くなるようなスケールで延々と広がっているのだ。
 渡米前にハリウッド映画で刷り込まれたアメリカのど派手なイメージから、5年の米国暮らしを経て今は、地味ではあるがアメリカのハートランドはやはりここだよなという気持ちに変わった。 
ここを軽くクリックするだけで、「ユキノヒノシマウマ」はパワーアップ!banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。