州と連邦の巻

uncleSam.gif アメリカ合衆国という国は、よく言われるようにいくつかの国が集まって、大きなひとつの国を作っているようなものだ。 そのことは、アメリカ国内の別な地域でしばらく過ごしてみると、非常に良く理解できる。 
 「でもアメリカはアメリカでしょ」って意見も確かにあるかもしれない。 そう、その通りなのだ。 パスポート上は、イリノイ州だろうが、アラバマ州だろうが、他のどの州であろうが、United States of Americaであることに変わりはない。 だがその州の違いというものには、人種構成的にも、文化的にも、経済的にも、明らかに別な国と言えるだけの違いが確かに存在するのである。
 アメリカという国は、ご存知のように新しい国である。 1776年にイギリスから独立して、やっと独立国としての道を歩みだした。 しかし実は1787年に憲法が定められるまでは、独立後もこの国には11年間も憲法というものが存在しなかったのである。 さらにその後も24年間は、正式な政府所在地は無いという状態で、1800年になってやっとワシントンDCに落ち着くというありさま。
 これにはやはり理由があって、各州の代表者が強力な中央政府の確立を嫌ったらしい。 もし圧倒的な力を持つ連邦政府が出来てしまえば、それに逆らうことができない各州政府は、自分たちで自由な行いができなくなるという事態を恐れたのだ。 
 その後、一夫多妻制を認めているユタが、連邦政府から州への昇格を断られたり、奴隷制を支持する南部諸州が連邦から分離して、南北戦争が勃発するなどの紆余曲折を得て、2つの世界大戦を機に徐々に連邦政府の強化は進んでいく。 
 時代は流れ1960年代、ジェームス・メレディスという黒人青年のミシシッピ州立大学への入学を巡って、アメリカは再び内戦勃発前夜の空気を醸し出す。 事件はこの黒人青年の入学を阻止しようとする大学ならびに州政府と、入学させようとする連邦最高裁判所ならびに連邦政府との間で、お互いに州兵と連邦軍を繰り出しての段階にまで発展。 結局この事件は、JFKことケネディ大統領が連邦法に従い、州兵を連邦軍に強制編入させるということで解決をみたのだが、わずか40年ほど前の話とは思えない人種差別ぶりと、連邦の決定にさえも歯を剥く州の姿勢に改めて驚かされる。 
 そんなこんなで州の独立心というものは、日本の県というものとは一緒にできないほどに強いものがあるのだが、さすがに911を境にしてこの国の愛国心は猛烈に高まっているのだということを、いたるところで目にする星条旗をはじめ、日頃の生活からもひしひしと感じることができる。
 ここのボタンをちょっと押すだけで、「ユキノヒノシマウマ」は大喜びします。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

7 Comments

  1. 返信
    エセばろん 06/06/2005

    かろうじての「関連記事」とおぼしきもの、本日、無理やりねじ込んでTBさせて下さい。
    いや~
    ジャンルが違えど、いつも読みたくなる記事の展開、すばらしいです。
    一度、アメリカ在住日本人から見た「現在と将来日本の展望」など、お聞きしたいものです。
    酒でも呑みながら・・・
    おっと、まさか?
    ゆきのひのしまうまさんは、ゲコではないですよね・・・?
    うだうだいわずに、今日も(黙って、あ、喋ってしまいましたか)ぷちっと押して帰ります。

  2. 返信

    アーリントン墓地はどうなるか?物申す!靖国問題

     
    嗚呼!
     事もあろうに幼児性怠慢症候群的精神の国会議員と、老人性痴呆症的TV局め、が、またまた「つるんで」騒ぐか・・・。
    おっと、と、、記事の読破は端か…

  3. 返信

    イギリス縦断中の「食」の話(林望さんによせて・・・)

       
         再考!締めくくり・・・
     『イギリスの食は、まずいのか?それとも本当においしいのか?』
    林望さんに寄せて、このテーマをまとめておきたい。

  4. 返信

    旅行専用オークション

    本日は、旅行専用のオークションです
    毎日、入札すれば超激安で旅行が楽しめる。
    人気blogランキングへ
    一人旅行、2人以…

  5. 返信

    シカゴに憧れて・・・

    今日は本当にいい天気ですね。
    こんな日には、のんびり緑がキレイなところを
    散歩したくなりますね(あっでも日焼け止めをぬらなきゃ!)。
    月曜日から晴れる…

  6. 返信
    sushi 07/06/2005

      エセばろんさんへ
     TBは大歓迎です。
    そうですね、またその内に海外から見た日本というものも書いて見ます。
    というか、それは居酒屋で酒を酌み交わしつつということでしょうか???
    それともブルースを聴きながら?
     ちなみに私は酒は好きですよ。
    だからビールやワインの安いこの国は危ない危ない。(笑)

  7. 返信
    エセばろん 07/06/2005

    >>海外から見た日本というものも書いて見ます・・・
    うれしいかぎりです。
    おおいに期待してます。
    ウウ!!
    いつか一杯やりたいですね!
    ブルース聴き、時にはモダンジャズも付き合って頂いて・・・
    な~に、BGMでいいですよ、、、
    そう、女気なしで・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA