Blog Archives

ウィスコンシン大学マディソン校は最高の環境の巻

uw-madison.jpg 住みやすい町全米No.1に選出されたこともあるマディソン市民の25%は、実はこのウィスコンシン大学マディソン校の学生だったりする。 そして約1万7000人の職員もまた、この大学を職場としているという、とんでもない大学町だったりするのだ。
 それだけに教育水準も高く、バイオテクノロジー産業を中心に、医薬、工業分野などでの急成長ぶりが著しく失業率は全米平均の5.5%に比較してたったの2.3%でしかない。 また、全米でも屈指のビジネスチャンスの町とも呼ばれている。
 大学からはステートストリートが、州議会議事堂まで一直線に伸びており、その通り沿いには洒落たカフェや、各国料理の店などがびっしりと並んでいる。 ここへ行けば、必ず賑やかな学生たちの姿が見受けられるほどの、この町一番の繁華街だといってもよい。
 メンドータ湖に面した食堂や、学内ビアホールでは、気軽なランチを介しての会話や、飲めば飲むほどに議論が進む自分のような人間の姿も多く見られる。 この大きくて素晴らしい自然に囲まれた大学は、約7万人収容可能なアメリカンフットボール・スタジアムを持ち、2003年スポーツイラストレーテッドで、全米スポーツ学園都市No.1に選出されてもいる。 また社会学では、全米でもトップクラスの実力を持つと評価されている。
 こんな素晴らしい環境のおかげか、アメリカの北の果てにあるとは思えないほどの日本人留学生も常時在籍している。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。