ブルースフェスティバルで開放感をの巻

blues-festival.jpg ブルースといえばシカゴ、シカゴといえばブルースという人も多い。 だがそれほどブルースに詳しくない自分は、これまでせっかくブルースバーが多いノースサイドという地区に住んでいながらも、ほとんど聴きに行くということがなかった。 だがこれからは、もっと積極的に出かけてみようという気になっている。 そのきっかけを与えてくれたのが、75万人が芝生の上で思い思いに音楽を楽しんだ、野外ブルースフェスティバルだ。
 いやあこういうのって、さすがはアメリカだなあ、シカゴだなあなんて思わされてしまうのである。 だってブルースもそうだけど、会場の清潔感や、わかりやすいセッティングは、楽しむための要素を考えつくしている。 後ろの方でステージがよく見えない人のためには、大画面のスクリーンが演奏者を映し出し、トイレだって思いのほか清潔だった。 しかも無料!
 摩天楼をバックにして、夏らしい青さの濃くなった芝生の上では、音楽を聴くというよりは、その音楽が流れる会場の雰囲気を、友人達と一緒にビールを片手にとか、カップル同士で気持ちよく踊ったりしながら、青空の下で開放感を持って楽しんでいるといった感じ。
 特別に前方ばかりが混むということもなく、まだ空きがいっぱいある状態の時間でも、後ろの方でのんびり寝っころがって本を読みながらとか、トランプゲームをしながらなんて人たちは、センターステージからちょっと離れたところにごく自然に陣取っている。 この辺りは、日本人の何が何でも突撃前進!一刻も早く風呂敷攻撃で最大限の陣地を確保せよっ!といった感じとは違う余裕みたいなものが感じられる所だ。
 こういったシカゴアンの整然とした余裕みたいなものは、いつもながらイベント終了時にも発揮され、75万人もが詰め掛けていた会場とは思えないほどの、スムースな退散が行われるのである。 大都会でありながら、あくせくしていない人々の振る舞いは、NYCやLAと違ってヨーロッパ系の子孫が多いシカゴの特徴かもしれない。
 
 グラミー5回受賞のバディ・ガイは、シカゴアンにもさすがの人気者で、彼の登場に合わせて会場はほぼ全員が総立ちになり、「バディ~!」と歓声を送る興奮ぶり。 こうなったら、近いうちに彼の店へも直撃してみたいと思っている。
 いつも応援ありがとう!banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

5 Comments

  1. 返信
    Chosei Funahara 15/06/2005

    イケイケgogo! 私はシカゴブルースのブルースピアニストのオーティス・スパンを15歳の時に聞いてクラッシック・ピアノを弾くの止めました。今でもオーティス・スパンのピアノのコピーは完全にできるよ。

  2. 返信
    BluesLove 16/06/2005

    海外で生活している方を尊敬します

    BS−2でやっている“遠きにありてにっぽん人”という番組が好きだ。
    日本人は単一民族のため、他人と自分の線引きが甘い。
    自分の考えていることは他人もそう思って…

  3. 返信
    Goさかい 16/06/2005

    ブルースが好きで何度かシカゴに行きました。
    ブルースを通じてシカゴが好きになりました。
    近い将来シカゴに住めたら幸せです。
    僕のオススメは、ノースサイドにあるB.L.U.E.S.
    出演者の質は良いです。
    近所のキングストンマインズは学生コンパの場所みたいで嫌いです。
    最近は日本人演奏者も頑張っていますよ。
    ココテイラーバンドの菊田俊介さん。
    ソロで活躍中の野毛洋子さん。
    何はともあれ、今後もブルース記事楽しみにしています。

  4. 返信
    sushi 22/06/2005

      Chosei Funaharaさんへ
     さすがに長生さんはカバー範囲が広いですね。
    いつもブログを読んで、自分ももっともっといろんな視野を吸収しなければという気にさせられます。
     シカゴへこられる際にはぜひぜひご案内させてくださいね。

  5. 返信
    sushi 22/06/2005

     Goさかいさんへ
     シカゴは冬は厳しいですが、それでも人懐っこい街の雰囲気と、夏の雰囲気が最高で、こんなに素晴らしい所もそんなにないよなって気にさせられます。
     野毛洋子さんは気さくな人で、コンサートの合間や後で、おしゃべりに付き合ってくれたりしました。
    夏のシカゴは至る所で音楽祭だらけで忙しい!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA