Blog Archives

オヘア空港は世界で一番働き者の巻

ohare.jpg シカゴのダウンタウンを訪れたことがなくても、オヘア空港を通過したことがある日本人は大勢いるはずだ。 というのもこのオヘア空港はユナイテッド航空の本部があり、またアメリカン航空のハブにもなっている世界一忙しい空港なのだから。 もちろん先に上げた2社に限らず、数え切れないほどの各航空会社の便と、計6本の3本平行滑走路を持つというとんでもない巨大空港でもある。
 これだけのアクセスを誇る巨大オヘア空港がシカゴにあるわけは、この街がアメリカ第3の都市であるというだけではなく、アメリカ大陸をまたぐ中間地点に位置しているということも大きい。 またこのことは別に空の便に限らず、シカゴ発展の歴史は各時代の交通機関の発達の歴史とも強く繋がっているともいえる。 例えば大西洋からミシガン湖、そしてシカゴ川からミシシッピ川を下りメキシコ湾へというルートで繋ぐ水上機関基地、例えばニューヨークとデンバーなどの西部を結ぶ鉄道網の中継点、例えばLAからシカゴを通って東部と西部を繋ぐハイウェイ・ルート66などなどである。
 それだけに空港といっても、1つの空港というよりは、4つの空港が集まっているような作りになっており、国際便はターミナル5につくから覚えやすいものの、日本から訪れる場合でも乗り継ぎ便などで到着する国内線にいたっては、よくよく到着便の番号と航空会社を聞いておかないと、日本からの知人を迎えに行ったはずが、どこへ着くのやら着いたのやらさっぱりわからないといった事態にも陥りかねない。 
 基本的に空港内の各ターミナルは無料のトラムや、地下道で結ばれているのだが、これだけ大きいと、初めて訪れる人にとっては乗り継ぎなど、なかなか感覚的に難しいのも事実。 そういうわけで、この空港に着いたら、自分が何番ターミナルに居て、何番ターミナルへ行くべきなのかということを、まず確認することが大事だ。 その時にもし大きな恐竜の化石がターミナル内にあるようであれば、そこはユナイテッドが発着するターミナル1である。
 そういうわけで、このアメリカの交通の要所にあるオヘア空港は、世界一忙しい空港として、この街を訪れる人、この街を経由してさらに先へ旅立って行く人などを毎日毎日捌き続けているのである。 
 いつも応援ありがとう。banner_03.gif
  
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。