シカゴはユニークな歴史を持つ街の巻

old-couple.jpg アメリカ合衆国という国は、イギリスから独立してまだ200年余りという比較的新しい国だ。 それだけにまだまだ国としての歴史が浅いとともに、国内の各都市での歴史というものもそれほどユニークではないことも多い。 
 しかしながらサンタフェやダラスのように、ネイティブインディアンやメキシコ人による異文化を背景に強く持つ街、ボストンやリッチモンド、ニューオリンズなどのように、独立以前からの欧米人による長い歴史を持つ街、NYCやサンフランシスコ、そしてシカゴのようにアメリカを代表する大都市などは、それでも他のアメリカ国内に点在する個性のほとんどない、どこへ行ってもウォルマートとテキサコなんかのガスステーション、そしてマクドナルドが散りばめられた、まったく変わり映えのしない風景を持つ町々に比べると、個性を持っているといえば持っている。
 このシカゴが西洋史に刻まれるのは、サントドミンゴ出身のフランス系黒人毛皮商のJean Baptiste Point du Sableが、1779年にシカゴリバーの河口に最初の入植地を建てたことに始まるとされている。 そして1830年にイリノイ-ミシガン運河の建設のために売却されると、3年後には人口350人の町へと急成長し、ネイティブ・アメリカンの言葉で「強い」とか「素晴らしい」という意味を持つシカゴという名がつけられた。(別に腐ったタマネギという意味もあるらしいが・・・) 
 1837年には町から市へ昇格し、人口は4.170人にまで増加。 またイリノイ-ミシガン運河の完成や、1848年の機関車の到着により、交通の要所としての機能が高まったことによって、わずか3年後には人口は3倍にも成長している。 
 ところがそんな急成長を続ける街に、シカゴ史に残る大惨事が発生する。 そうそれが前回紹介した1871年10月8日のシカゴ大火災である。 しかしながらこの悲劇をきっかけとして、シカゴは世界で初めての摩天楼型の都市へと変貌を遂げていくことになる。
 1893年には6ヶ月間で約2600万人もの訪問者数を記録した、世界コロンビア博覧会を開催し、未だにシカゴを代表する景観として現役で活躍し続ける高架列車のループをそれにあわせて導入する。 またこの時期には、現在も多くのシカゴアンや観光客を惹きつけるオーケストラや図書館、博物館なども登場し、シカゴの文化的な面の充実が図られる。
 その後アル・カポネの暗躍や、シカゴの新ボスと呼ばれたデイリー市長による長期支配を得て、シカゴはNYCに次ぐアメリカ第2の都市として成長を続ける。 現在では中南米からの移民で、人口急増中のLAがアメリカ第1の都市になったために、LA、NYCに次ぐ第3の都市という位置づけになっているが、それはあくまで人口数の話であって、未だに金融、経済規模ではNYCに次ぐ第2の都市である。 そういうけでアメリカ人たちは、未だにこの街のことを愛称を込めて「セカンドシティ」と呼ぶのだ。
 短いアメリカ合衆国という国にあって、際立つ個性を放つ都市シカゴ。 ヨーロッパ滞在中にも何度も話題にのぼったこの街が、日本人の中ではまだまだ知名度が低いのは非常に残念なことだと思っている。
 いつも応援ありがとう。banner_03.gif
  
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    H.O 09/07/2005

    sushiさん、おはようございます!
    >日本人の中ではまだまだ知名度が低いのは非常に残念なことだと思っている。
    日本では、映画などの摩天楼などダウンタウンのシーンがあっても、NYかシカゴか見分けがつかない事が多いと思います。
    実際に、カナダのバンクーバーのダウンタウンなどで、街のシーンを撮影をされていたりもよくしますよね、アメリカの街として(カナダドル安いですから(笑)
    日本人に知名度が低い理由の一つに僕が思う事は、感性やイメージの違いも大きいのではないでしょうか?
    全ての人がそうではないと思いますが、日本の方々のアメリカ像って、「西海岸!東海岸!」から始まり、あまりにも大きすぎる大陸に想像が追いつきません(笑)僕もその一人でしたし(笑)
    今では、シカゴから来た友達や北米で暮らすようになったからシカゴは絶対に行ってみたい土地ですが、僕としてはあまり日本人に有名になって欲しくない土地でもあります。
    上手く言えませんが、なんて言うかそっとしてあげたいです。
    シカゴを愛しているsushiさんは、「そんなこと言うなよ~」って言われるかもしれませんが(笑)僕は、とっておきの街にしたいです(^^)勝手な事言ってすみません!(^^)

  2. 返信
    Michiko 12/07/2005

    はじめまして!
    昨日、一昨日とシカゴに行ってきましたー。
    (ミシガン州に住む友達と往復8時間かけて。)
    前日にGoogleで「シカゴ、紹介、観光」で検索したらトップにこのブログがあり参考にさせていただきました。
    ボリュームたっぷりなブログを全部制覇する時間がなく、とりあえず「シカゴの見所を紹介の巻 その1」をプリントアウトして出発、この虎の巻のおかげでかなり楽しい観光となりました。ありがとうございました!
    シカゴのダウンタウンって綺麗ですねー。
    ミレニアムパークをはじめ噴水が多いなーと感じました。
    コースとしては、
    土曜の午後に到着、ホテル(Westin)からWacker Drive沿いに湖へ向かって歩き、Michigan AveからNBC Bldgでのアートショーを見て、Illinoi StからNavyピアへ。
    (そこからのArchitecture Boat Tourはやはり絶品でした!ボート乗船時にとってもらう記念写真も、ツアーの後購入しました。ピア自体はものすごい人出で、まさに観光地。)
    夕方からはミレニウムパークでのボストンシンフォニーの無料コンサートを芝生席でブランケットを広げて寝転ろびながらリラックス鑑賞。
    (近くにあった、観光客が素足を水に浸すことのできる、憩いの場がよかったです。)
    その後、水族館まで歩き、お薦めの夜景に見とれるばかり。
    NYCと比べられる事が多いと思いますが、シカゴの摩天楼には計画されたバランスの取れた美しさがありますね。
    またNYCはブルックリンや、NJに渡らないとSkylineを見ることはできないけれど、シカゴはミシガン湖沿いに散歩がてら歩くだけで、絶景が見られるんですね。
    翌日はお昼過ぎに出発しなければならず、リンカーン動物園を制覇することができず(温室とSealの水槽はナカナカでしたね。でも白熊を見逃しました。残念!)にシカゴを後にすることとなりましたが、帰りのLake Shoreドライブも最高でした。
    帰ってきた今、またブログを拝見させていただくと、シカゴの地理もほどほどに理解しており、興味が一層深まるばかりです。これからも、このブログ、楽しみにしています。
    (また次回のシカゴ旅行のために、最初から読みはじめました!)
    ボルチモア在住、Michiko

  3. 返信
    sushi 16/07/2005

     H.Oさんへ
    >日本の方々のアメリカ像って、「西海岸!東海岸!」
    そうですよね。
    基本的に日本人には、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ハワイ、この辺りがアメリカって聞いたときのイメージなんだと思います。
    もちろん一概にみんながそうだとは言えませんが、そういうイメージを抱いている人は多いですよね。
    しかし自分が以前に住んでいた南部ならともかく、シカゴがこれほど日本人に知られていないのは、今でもある意味驚きです。

  4. 返信
    sushi 16/07/2005

      Michikoさんへ
     いやあ短期滞在とは思えないほどの、無駄のない観光っぷりはかなり旅慣れている感じですね。
    シカゴをかなり楽しんでもらえたようですので、また遊びに来てくれることを望んでいます。
    自分はシカゴの大ファンですので!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA