Blog Archives

全米No1の高さを誇るシアーズタワーの巻

sears.jpg シカゴを代表するビルディングはどれだ?という質問をしても、シカゴアンにすらこれだと断言できかねるほど、シカゴには歴史的なビルや個性的な超高層ビルが多い。 そんな中でもまずこれは必ず入るだろうというビルのひとつとして今回紹介するシアーズタワーがある。
 シアーズタワー(Sears Tower)は、その名の通りシカゴが創業の地で、かつては世界最大の百貨店メーカーであったシアーズの本社ビルとして1974年に建設された。 9本の正方形柱が連結してひとつのビルを形作ったデザインの、443m110階建てビルで、1997年にマレーシアのペトロナスタワーに抜かれるまでは世界一の高さを誇った。 その後もアンテナ部を含めた高さでは世界一の座を守り通していたが、2004年に台北に完成した高さ509mのタイペイ101に、その座を正式に明け渡すことになった。 また世界一の高さを譲り渡したのと前後するように、ビルのオーナーであるシアーズも90年代の事業不振によって、このビルを売却することになった。
 ちなみに現在の超高層ビル世界ランキングトップ3は「タイペイ101(台北)、ペトロナスタワー(クアラルンプール)、シアーズタワー(シカゴ)」、250m以上超高層化都市ランキングトップ3は「シカゴ(10本)、香港(9本)、ニューヨーク(7本)」である。 しかもシカゴには現在建設中で全米一の高さになる予定であるトランプタワー、さらにはミシガン湖沿いに建設計画が発表された世界一の高さになる予定のビルなどがあり、この5~10年でさらに超高層化が進む予定である。
 実のところ個人的に好きなのはマリーナシティジョンハンコックなのだが、今すんでいる部屋の窓からシアーズタワーの姿が見え、雪の日も猛暑の日も、朝も夜も顔をつき合わせてきたこと、そしてサンクスギビング、クリスマス、イースター、独立記念日と、イベントごとに変わる天辺のネオンサインの色でも楽しませてもらっていることなどから、それなりに自分のシカゴ生活になくてはならない友となりつつある。
 ランキングがかなり落ちてきていますので、クリックで応援お願いします!banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。