Blog Archives

ゴールドコーストでミリオネア気分の巻

goldcoast.jpg シカゴのダウンタウンすぐ北に隣接する地域は、ゴールドコーストと呼ばれるシカゴでも一番の高級住宅街になっている。 高層コンドミニアムの最上階付近や、古めかしい石造りの小ぢんまりとした家はなかでも特に高価で、不動産価格は5億円~10億円もし、月々の管理費だけでも50万円もするという話しを聞いて、アメリカにはすごい金持ちがいるものだと度肝を抜かれたことがある。
 ダウンタウン、中西部一のショッピングエリアであるマグニフィセントマイル、地元の若者が集うオールドタウン、ビーチ、湖岸のサイクリングロード、大型無料動物園や日曜市の開かれるリンカーンパークなどへそれぞれ徒歩10~20分以内程度という絶好の地理的条件に位置していながら、緑溢れる閑静な住宅街の雰囲気まで持っているという都会のオアシスのような地域である。 ニューヨークで言うならば、オノ・ヨーコ等が住むアッパーウェストや、スピルバーグ達が住むアッパーイーストを足して2で割った感じの場所とでも言えばよいのかもしれない。
 また私の住んでいるリンカーンパークから南のハイドパーク辺りまで、ミシガン湖沿いに沿って走るサイクリングロードが設置してあり、特に夏の午後などはこのロードでローラーブレードやサイクリングで汗を流す人々も多い。 そのロードの中でもこのゴールドコーストにある急カープ前は、シカゴの摩天楼とミシガン湖を一望に見渡せるポストカード写真の常連ビューポイントである。 具体的な位置で言えば、リンカーンパークから南へ真っ直ぐに走っているロードが、ドレイクホテル前で東へ向かって90度折れ曲がっている急カーブの直前という辺りである。
 夏にシカゴを訪れる人には、もう絶対にこの湖岸のサイクリングロードをゆっくりそよ風に吹かれながらサイクリングしてみることをお勧めする。 時間的には観光客の集まるネイビーピアでレンタルサイクリングをして、北にあるフルトンビーチ辺りまでサイクリングして帰ってくるだけであれば、シカゴが平坦な街だということもあって、かなりのんびりサイクリングしても40分~1時間もあれば十分だろう。
 ちなみにスターバックスコーヒーで販売されているゴールドコーストブレンドは、スターバックスがシアトル以外へ初めて進出した、このシカゴにあるゴールドコースト店にちなんで名づけられたものである。
 いつもクリックで応援してくれて本当にありがとうございます。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。