フィールドミュージアムは展示率1%の巻

field-museum.jpg フィールドミュージアムといえば、このブログでも以前紹介したように、なんといってもティラノサウルスの化石スーの完全標本が有名である。 正面玄関入ってすぐのところに、訪問者を出迎えるようにド~ンと居座るその勇姿は、恐竜ファンならずとも思わず見入ってしまうだけの迫力がある。
 フィールドミュージアムは、1893年シカゴの老舗デパートであるマーシャルフィールドからの100万ドルの寄付金を元に設立された。 シカゴにはイリノイ大、シカゴ大と考古学関係での研究が活発に行われている大学があることもあって、共同研究の場であるフィールドミュージアムには膨大な収蔵品があり、20エーカーに展示可能な展示物は、全集贓品2000万個以上の中でほんの1%未満にしか満たない。
 シカゴを訪ねてくる友人には、シカゴに数あるミュージアム群の中でも、このフィールドミュージアムとアートインスティチュートだけは絶対に見に行くべきだと勧めるのだが、その理由は一度でもこのミュージアムを訪ねたことの人ならば納得していただけると思う。 先に挙げたスーの完全標本をはじめとした恐竜化石、世界各地からの文化標本、岩石や動植物標本などなど、数えだしたら切がないほどの展示内容なのだが、なかでもエジプトのピラミッド内部を再現したインサイド・エンシェント・エジプト・コーナー、アフリカやアフリカ系の人々の文化・歴史を紹介するアフリカ・コーナー、各地域に住むアメリカ先住民の生活様式を再現したインディアン・コーナーは必見である。
 ジョージア産の大理石とテラコッタで造られた建物自体も魅力があり、目の前に広がる摩天楼と湖やフィールドミュージアムを背景に記念写真を忘れてはいけない。 また正面玄関入ってすぐのスタンレーフィールド・ホールの広々としたスペースも素晴らしい。
  いつもクリックで応援してくれて本当にありがとうございます。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    Kohei 24/08/2005

    またまた、お邪魔します。
    住んでいた頃は、美術館と、フィールドミュージアムには良く行きました。
    2箇所とも会員になっていました。
    会員専用レストランも魅力だったし、どうせ、年間会費は、入場料で元が取れるし。
    最初、フィールドって、財閥の名とは気がつかずに、野原のフィールドだと思ってました(笑)
    記憶違いかもしれませんが、フィールド家の末の方の息子がまかされて、収集旅行にでかける逸話なんてもおもしろかったと記憶してます。
    で、パプアニューギニアの原住民の村をほとんど持ち帰った展示も、なかななかおもしろかったです。
    ネタバレになりますので、書きませんが、恐ろしいものが一杯あります。
    会員になると、遠足もあって、ときどき行きました。
    フェルミラボに行った時の講義では、加速器用の冷却水用水路にて隔離された土地を使ったバッファロー込みの本来の草原復活プロジェクトとか、なぜ、中西部には、森がほとんどないのかの謎解きとかが記憶に残ってます。
    行けなかったのはあたりまえですが、最大の遠足は、豪華エジプト旅行ですね。地中海のクルージング付きで、その間、一流のエジプト学者の講義を受けれます。
    金持ちパトロン用ですね。

  2. 返信
    sushi 29/08/2005

      Koheiさんへ
    >豪華エジプト旅行ですね。地中海のクルージング付きで、その間、一流のエジプト学者の講義を受けれます。
    凄いですね・・・。
    自分もそんな旅に参加してみたいもんです、雑用係でよいので連れて行ってくれませんかねえ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA