サウスサイド・アイリッシュご用達の店ニッキーの巻

nickys.jpg シカゴらしいシカゴの顔を持つ町、それがサウスサイドだ。 私は以前にシカゴでも最もディープといわれるサウスサイドに住んでいたのだが、そのことを話すと大抵の日本人は、「えっ、サウスサイドに!?」という驚きの表情を見せる。 
 ほんの数年前には全米で最も殺人率の高い地域という不名誉な名称を与えられるなど、もちろんそういうリアクションをさせるだけの理由がこのサウスサイドにはあるのだが、ある意味で、このサウスサイドを見ずしては本当のシカゴを知ったとはいえないのではないかと自分などは考えている。
 
 とにかく華やかなノースサイドや、ダウンタウンとはまったく違って、まるで南部諸州のような濃厚でまったりとした空気が流れているところである。 新しくこの地へ移ってきた人々よりも、大きなファミリーを持つアフリカ系やアイリッシュ系の古い家系が多く、ネイバーフッドの結びつきは余所者が思っている以上に深い。 そのことは小さなフェスティバルや、パーティなんかに参加すれば、すぐに肌に感じ取れるほどですらある。
 ちなみに私の住んでいたのは、そんなサウスサイドでもアイリッシュ系の人達が数多く住む、通称ビバリーヒルズと呼ばれる地域。 もちろんビバリーヒルズはビバリーヒルズでも、カリフォルニアのそれとは違って、落ち着いた古きよき閑静な住宅街といった趣ではあった。
 ビバリーヒルズをはじめとしたサウスサイドに数軒あって、サウスサイド・アイリッシュが気軽に訪れる店がこのニッキーのホットドッグ屋さんである。 もちろん味の方はシンプルなシカゴドッグスタイルで、ソーセージにでっかいピクルスとハラペーニョを数本挟み、ケチャップなどはつけずにかぶりつくというものだ。 だがそんなニッキーがサウスサイドらしいのは、飾りっ気のない店内のインテリアと、ホットドッグ片手に人懐っこい笑顔を向けてくるおじいさんや、客が食べているのも気にせずに埃を巻き上げながら床を掃き続ける店員の姿。
 シカゴに10年以上住む日本人ですらほとんど訪れることのないサウスサイドだが、ダウンタウンからメトラに乗って101~115ストリート辺りまでは、本当のシカゴアンが住む場所を気軽に訪れれる地域である。 もちろんシカゴアンが「住む」というだけあって、特に何もないのだが、その何気なさがまさにサウスサイドなんである。 ただし駅から降りたら必ずウェスタンという通りの方向へ向かうこと、さもないと地理に不慣れな人は、また別のサウスサイドの顔を知ってしまうことになりかねいなのでご注意を・・・。
いつもクリックで応援してくれて本当にありがとうございます。banner_03.gif
Nicky’s Hot Dogs
6142 S. Archer Ave.
773-585-3675
Hours: Noon-9 p.m. Sunday; 10:30 a.m.-11 p.m. Monday through Saturday
$:5ドル以下

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    H.O 14/11/2005

    sushiさん、おはようございます!
    こちらは、ただ今日曜の朝9時半です(^^)
    この写真を見ていたらお腹が余計に空きました(^^;
    僕の所で写真日記をしていますが、僕が影響されている方々や時々お話をして頂いている方々のリンクをさせて頂いています。
    「ユキノヒノシマウマ」をリンクしたいのですがよろしいでしょうか?
    実は、最近まで現在のブログの使い方を把握していませんでした(^^;(PCおんちなんです(^^;)
    もう年末になってきましたね、僕も仕事が忙しいです・・・
    では、また!

  2. 返信
    sushi 15/11/2005

    H.Oさんへ
     もちろんリンクOKですよ。
    ブログの方、拝見させていただきました。
    カメラや写真に対する思いが伝わってくる、ほんわかしたブログですね。
    これからもちょくちょく拝見させていただきます。

  3. 返信
    H.O 15/11/2005

    sushiさん、リンクの件ありがとうございます!(^^)
    僕の写真日記は、つたない写真ばかりですが、写真サイト以外にも
    僕に興味を持ってくれた方が海外の方々のページを拝見できたらまた違う世界が見れたらいいな~って思っています(^^)

  4. 返信
    sushi 20/11/2005

    H.Oさん
     
     最近さぼりがちな私がいうのもなんですが(汗)、無理にならない範囲で気長に続けてください。
    楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA