Blog Archives

ネイパービルは古くて新しいの巻

naperville1.jpg ネイパービルは2005年のマネー・マガジンをはじめとして、これまでにも何度かアメリカで最も住みやすい街にランキングされてきた。 ただしアメリカという国では、数え切れないほど氾濫する雑誌やらインターネット、TVでの調査などなどで、何を基準にしているのか読者にはまったくわからないままに、この手のランキングがこれまた毎日のように出されているから、どこまでこの手の情報を信じてよいのかわからない部分というのは確かにある。 だがそれでもあえて言うならば、シカゴ近辺ではネイパービルの雰囲気というのは確かにちょっとあかぬけている。
naperville2.jpg ネイパービル出身のアメリカ人の友人いわく、10年ほど前までは本当に静かな田舎町といった感じだったらしいのだが、ここ最近の土地バブルのせいで一気に普通の家々の値段が億の単位で売買されるようになり、さらにダウンタウンにいたっては田舎町だったとは思えないほどに可愛いカフェやショップが立ち並ぶ、散歩して楽しい町に生まれ変わってきている。
naperville3.jpg さすがに冬の間は難しいが、春から秋にかけてはダウンタウンに流れている小川沿いに作られた遊歩道をせせらぎの音を聞きながら散歩したり、中西部らしい屋根付の木組みの橋を渡って小川の向こう側へ渡ったり、その先にある湖で小さなボートに乗ってのんびり静かな午後を過ごしたりということもできてしまう。
naperville4.jpg 1831年にキャプテン・ジョセフ・ネイパーと弟のジョンがやって来たことに始まる、デュページ郡で一番歴史のあるこのネイパービルは、現在では急増する住民数に支えられて13万8千人を抱えるイリノイ州で4番目に大きな街にまで発展している。 そして今年2006年は、そのネイパービルが出来て175周年にあたるということで、いろいろとイベントが目白しとなっている。 
 ちょっとした観光地のような雰囲気を持つ郊外の町ネイパービルを訪れるのも、時間がある方にはお勧めです。
今日もクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
 ダウンタウンのユニオンステーションから、2階建て列車メトラのオーロラ行き(BNSF Railway Line)に乗って、約1時間~1時間半ほどです。