Blog Archives

Naper Settlementで開拓時代の巻

Naper-Settlement1.jpg 大草原の小さな家というテレビ番組シリーズが、昔日本でも流行ったことがある。 私も子供の頃に繰り返し再放送されるあの番組を見て、その世界にハマッたりしていたのだが、そんな淡い思い出をぶち壊すかのように、アメリカ人である奥さんは、「あんな物は説教くさくって、普通のアメリカ人の子供は見ないんじゃない? 私もほとんど見たことないわよ・・・。」なんてズケズケと発言してくれたことがある。 まあ確かにそんなものかなあと思えなくもないが、私にとっては結構好きな番組だったのだ。
Naper-Settlement2.jpg 以前に住んでいたバージニア州は、「バージン・コモンウェルス」つまりアメリカ合衆国最初の州ということで、この国の中では一番古い歴史、特にイングランド経由では一番古い歴史を持っていたのだが、そんなこともあって州都リッチモンドから約40分東へドライブしたところに、Williamsberg Settlementと呼ばれるかなり大きな、「江戸村」感覚の17世紀開拓時代の生活風景を再現した町があった。 そしてここシカゴの郊外ネイパービルにも、やはり同じく開拓時代の生活様式を再現した町「Naper Settlement」がある。 ただ中西部はバージニアのある東部よりは、少し遅れて開拓の波がやってきたということもあって、ここでは「江戸村」ならぬ「明治村」にあたる19世紀開拓時代が再現されている。
Naper-Settlement3.jpg アメリカ版「江戸村」と「明治村」であるウィリアムズバーグとネイパービルのセトルメントを比較してみると、海を越えてやって来た初期の移民であるイギリス系の人々の影響力もあって、ウィリアムズバーグの場合はアメリカ合衆国というよりは、あくまでイギリスの植民地、もしくは開拓地というイメージが色濃いのに対して、ネイパービルではイギリスというよりは、すでにアメリカ国民として生きている人の香りが強い。 そういえば例の大草原の小さな家の主人公一家もインガルス・ファミリーといってイギリス系ではなく、ドイツ系移民であった。
 また小さな町の新聞小屋や消防団の設備などを見ると、確かにネイパービルの方が時代が新しいことは理解できることはできる。 ただやはり開拓時代という厳しい環境などのせいもあり、基本的には自給自足に近い泥臭い生活の匂いがそこにはプンプン漂っている。 例えばコインなども貨幣単位ごとに別々なものを作るのではなく、銀のコインを様々な大きさに割って、その重さごとに値を決めたり、手紙を出すときの値段が重さで決まってしまうので、2枚も3枚も書くのではなく、縦と横とにびっしり文字を書き重ねていくといった具合だ。
Naper-Settlement4.jpg しかしそれにしてもこの2つのセトルメントを隔てる2世紀の間の生活の移り変わりと、第2次世界大戦後からの半世紀という間のそれを比べた場合、時代のスピード感のなんと違うことだろう。 
 先日、日本ブログ大賞というものに参加してみました。 いつもユキノヒノシマウマを読んでくださっているみなさん、ここから1票を投じていただけるとありがたく思います。 よろしくお願いします!
今日もクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Naper Settlement
523 South Webster Street, Naperville, IL 60540
Phone: 630.420.6010
Fax: 630.305.4044