Blog Archives

白いリスの巻

white-squirrel.jpg 雪が散らつくなか、白いリスが現れた。 基本的にシカゴ近郊で見かけられるリスの大半は茶色い色をしたものが多く、少数派として縞模様や黒色をしたものが見かけられるくらいのものだ。
 ただし種類は少ないものの数に関してはかなりのもので、アメリカ暮らしを始めた頃は「おっ、リスだ!あっ、あっちにも!」なんて喜んでいたのが嘘のように、今ではもう別段気にもしないほどに慣れっこになってしまってたりする。
 そういうわけで観光案内なんかをした時には、みんなうれしそうに写真をパシャパシャ撮っていたりするのを見て、ああそういえば自分もそんな時があったなあと思い出したりするのだ。
 ところがである、このリス君の場合となると話しは別だ。 普段は彼らの姿に慣れっこになってしまっている自分でも、さすがに白いリスはこれまでに見たことがなかったので、タイ人が白い象の出現に大騒ぎするように、バシャバシャとナショナルジオグラフィックよろしく写真を撮り続けてしまった。
 それにしてもリスってあのクリクリした目と、ピョコピョコってコミカルな動きがなんとも言えずに可愛いんだよね。
白いリス君かわいいと思ったらクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム