シカゴといえばのポップコーン屋の巻

garrett.jpg 毎年、夏の終わり頃になると大量のとうもろこしがグロッサリーストアに並べられて、1本辺り25セントくらいで売られている。 もちろんそれをそのまま食べても良いわけだが、アメリカ人なら、そして中西部人ならやっぱりポップコーンにして食べるというのが正しいというもの。
 そういうわけでシカゴアンはポップコーンが大好き。 このでっかい中西部では、家畜にどんどん食わせたり、アルコール車をブイブイいわせながら走り回らせるだけのコーンフィールドが果てしなく広がっているのだから、そのとうもろこしを食べて育ってきた彼らがポップコーンが嫌いなわけがない。
 そんなポップコーン好きの代表格であるシカゴアンが、愛してやまないのがシカゴのダウンタウンに数店舗チェーンを展開するGarrettだ。 たっぷりのチーズフレーバーやキャラメルがかかったそのポップコーンはいかにもアメリカンな大味だが、これがなかなかおいしくって食べ始めると「やめられない♪とまらない♪」って感じになってしまうのだ。
 街を歩きながら小さな紙袋に入れてくれたそれを食べるのも良いし、お土産に大きな缶入りのものを買っても面白い。 とにかくシカゴ観光に来た際には、絶対に食べ逃してはいけない物のひとつだ。
人生一度きり思いっきり楽しまなきゃって人はクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Garrett Popcorn Shop
10 W. Madison St.
312-943-8464
Fax: 312-280-9611
Hours: Open seven days a week

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

6 Comments

  1. 返信
    エセ男爵 08/03/2006

    >>これがなかなかおいしくって食べ始めると「やめられない♪とまらない♪・・・
    (上記、sushiさん記事・・)
    Ans:
    その通りです・・・

  2. 返信
    ajisai 09/03/2006

    チーズとキャラメル味を混ぜて食べるのがシカゴ式なんですよね。 最初は甘いのとしょっぱいの一緒?! って感じでしたがこれが慣れるとけっこう病み付きになります。 

  3. 返信
    sushi 09/03/2006

      エセ男爵さんへ
     このポップコーンかなりカロリーが高そうなので、本当はバクバク食べると私の年代だとよろしくないんだと思うのですが、ついつい・・・。

  4. 返信
    sushi 09/03/2006

     ajisaiさんへ
     おおっ! そこまで知っているとはもしやシカゴアンでしょうか?(笑)

  5. 返信
    chiee 14/03/2006

    閉店間際だったので試したいフレーバーは売り切れ!無難なキャラメルしか買えず・・・。やっぱりポップコーンは人気ですね。私は一番少ない量しか買わなかったけど本当は缶入りが欲しい。食べきれないし、もって帰るにも悩むのであきらめました。

  6. 返信
    sushi 15/03/2006

     chieeさんへ
     たくさん買っちゃうと、ついつい食べ過ぎてもいけないので、小さいものを私は買うようにしています。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA