シカゴでは珍しいサザンフードの店の巻

redfish.jpg シカゴへ来る前はバージニアに住んでいた自分としては、時々あのサザンフードが懐かしくなってくる。 アメリカにはおいしい物がないとか、手の凝った料理なんて存在しないと思っている人にはぜひ一度サウスへ!と常々思っている自分としては、アメリカの北の果てにあるようなこのイリノイにおいしいサザンフードの店がないのはまあしょうがないかななんて考えていたのだ。
 もちろんかつて南部から流れてきたアフリカ系の人が多くすむサウスサイドなどには、それらしい味が未だに受け継がれている店もあるのだが、ちょっとここで軽はずみに紹介してしまって道に迷われても困ってしまうし、自分の足を運んだ範囲ではやっぱりサウスで食べた本場のあの味とはちょっと違うような気がしている。
 そんなサザンフード恋しさのシカゴライフにあって、大満足とまでは当然ながらいかなくとも、気軽に行ける範囲にあるほとんど唯一シカゴのサザンフード・レストランがこのレッドフィッシュである。
 ダウンタウンという場所柄から、サウスでよくあるタイプのあの味のある店の雰囲気ではなくて、もっと垢抜けた感じの北部らしいインテリアだが、その分サウスでは時折露骨に感じた差別感と重苦しい空気感を感じる必要がまったくないという良さはある。 ただし、出てくる料理の味付けもあのコクのあるサウスっぽさが幾分抜けているのはちょっと悲しいところではあるが。
 もちろんだからといってこの店が悪いわけではない、というかむしろかなり良いレストランとしてお勧めできる。 特にメインが出てくる前に出されるコーンブレッドなんて、パクパクッと軽く食べ過ぎちゃうほどのおいしさなんである。 だが「なんだかなあ~っ」って欲張ってしまうのは、そのおいしすぎるコーンブレッドに疑問を持ち、あのパサパサと素朴な労働者の味といった感じのコーンブレッドにノスタルジックを感じる辺りは、やっぱりサウスで暮らした日々の思い出が味に加味されているからなんだろう。
サザンフードを食べてみたいと思ったらクリックお願いします。banner_03.gif
Redfish
400 N. State St.
312-467-1600
Fax: 312-467-0325
Hours: 11 a.m.-11 p.m. Sunday through Thursday; 11 a.m.-2 a.m. Friday and Saturday
$:10~20ドル

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

3 Comments

  1. 返信
    海の向こうで 12/03/2006

    海の向こうの出来事

    参考になります。

  2. 返信
    May 13/03/2006

    コ~ンブレッド・・食べてみた~い。
    ペンネのようなのは何が他に入ってるんですか??
    色々入っていそうですね???

  3. 返信
    sushi 13/03/2006

    mayさんへ
     こってりしたクリームにチキンです。
    こういうこってり系がサウスには多いんですよ。
     ただし典型的なというか知名度の高いサザンフードといえば、やっぱりコーンブレッド、ジャンバラヤ、ガンボスープなんかでしょうね。
    こういうのって、日本人の口にも合うんですよねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA