ベトナム系グロッサリーの巻

tai-nam.jpg シカゴの東南アジア街アーガイル好きで、もう何度も何度も紹介してきたが、まだ紹介していなかった店がある。 そうそれが私のダウンタウン生活を支えてくれているといっても過言ではない、ベトナム系のグロッサリーストアのタイ・ナンである。
 中華系の店の中でも、この店はベトナム系の華僑の集まるグロッサリーストア。 そういうわけで品揃えもチャイニーズからベトナム、タイ、日本、そして日本のバッタ物と幅広い。 そしてなによりその値段がチャイナタウンよりもさらに安いうえに鮮度も抜群。
 ただしモヤシなんかでも、こういうところのお約束といえばお約束だが、洗ってもいない手で客が好きなだけ手を突っ込んでは取り出したり戻したり。 さらには豚も威勢のいいべトナミーズのおじさんが素手でその辺の壁をさわったり、床をさわったり、耳の裏をかいたりしながら、そのまんまの手でぶつ切りにしている光景を見せられるので、東南アジアの生の世界を味わったことのない人にはちょっとその臭いと、勢いに圧倒される可能性はある。
 ただし、だからといってこの店の評価が下がるわけではない。 そんなものに怯みさえしなければ、これほど安くて新鮮な素材が手に入る店は少ないのだから。 私自身もこの店の魅力にどっぷりと浸かってしまっており、少なくとも2週間に1度は顔を出している。
 日本人のなかにはベトナム人の食に関する貪欲さを良く知らない人も多いだろうから、ある有名な映画のシーンで描かれていたベトナム人のそれを特徴的に表した逸話を紹介しよう。 ベトナム戦争真っ最中のジャングルで、ベトコンと睨み合う緊迫した状況のなかアメリカ兵が道案内の南ベトナム兵に苦情を叫ぶ。 「おいっ、その鶏を今すぐ殺せ!さもないと敵に見つかってしまうだろ!!」。 それに答えて南ベトナム兵は、「馬鹿を言うな!今殺したら鮮度が落ちるだろ!!」。 食に本気な人たちなんである・・・。
安くて新鮮なアジアングロッサリーに行ってみたい人はクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Tai Nam Food Market
4925-J N. Broadway
773-275-5666
Hours: 9 a.m.-8 p.m. seven days a week

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    May 19/03/2006

    Tai Nam 品揃えも凄いですね。。
    東南アジアの お料理も最高ですよね。
    生ハルマキ・トムヤンクン・・たまりません。。

  2. 返信
    世界の旅 19/03/2006

    ブログで世界旅行

    今日はこの記事の紹介をします。

  3. 返信
    海の向こうで 19/03/2006

    海の向こうの出来事

    参考になります。

  4. 返信
    sushi 19/03/2006

    mayさんへ
     ここでライスペーパーを買って、ときどき生春巻きを作ったりしていますよ。
    ペーパーなんて大きなのが50~100枚くらい入って、1ドル程度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA